根管治療後にズキズキ?痛くても続けるべき理由|監修 市川 勝 歯科医師(医療法人社団 正安会 いちかわデンタルオフィス 理事長)

根管治療って何?
どんなときに根管治療を受けるべき?
どのくらいの回数で終わるの?
根管治療って痛いって聞いたけど本当?
根管治療はドクターによって技術の差が大きいって本当?
「抜歯」が必要と言われたけど根管治療でどうにかならない?

上記のような疑問や悩みを抱えていらっしゃる患者さんが多いようです。

医療法人社団 正安会 いちかわデンタルオフィスの市川 勝理事長に、根管治療についてドクターの立場からご意見をいただき、記事監修をいただきました。

市川 勝先生
医療法人社団 正安会 いちかわデンタルオフィス 理事長
日本歯科保存学会 認定医
日本歯内療法学会・日本歯周病学会 所属

 

 

根管治療とは?

根管治療は歯内療法とも呼ばれ、歯の根の中にある神経の管を消毒して、炎症と感染を除去する治療です。

歯の根の中には、歯の栄養や感覚を維持するための神経・血管といった組織が存在します。歯の中は通常であれば細菌が存在しない無菌的な状態であり、これらの組織は健康な状態で維持されています。

しかしながら、虫歯や外傷などにより神経が細菌感染を起こし、炎症や、壊死が生じることがあります。

初期は歯根の中に留まっていた細菌感染が進むと、歯の周囲の歯槽骨へ炎症が進行します。歯槽骨の炎症によって歯槽骨の吸収(溶ける)が生じ、さらに周囲の歯肉が炎症を起こしてきます。

これらの炎症を除去するためには、歯根の中にある神経の管を消毒し感染を除去することが必要となります。これらの治療を根管治療と呼びます。

根管治療はどんな道具を使うの?

根管治療には、細菌を除去するための道具として細長い根管を治療するためのファイルと呼ばれるヤスリのような器具、根管を洗浄するための洗浄液が使用されます。

口腔内の唾液には感染の原因となる細菌が多数含まれるため、根管内に唾液が侵入することで感染がおこります。これを予防するためにラバーダムと呼ばれるゴムのシートが必要となります。

歯を口腔内から隔離し唾液の汚染から守るために、ラバーダムの使用は重要となります。

根管は非常に細く肉眼での治療には限界があるため、歯科用の顕微鏡を使用してよく見える状態で治療を行うことが有用とされています。

どんな人に根管治療が必要なの?

以下のような場合に、根管治療が必要となります。

  • 深い虫歯により痛みが出ている
  • 過去の根管治療が奏功せず再度感染が生じている
  • 歯をぶつけたり、かみ合わせや矯正治療の関係で神経の壊死が生じてしまっている

歯髄(歯の神経)は、何のためにあるのですか?

若年者であれば歯根の形成や成長のために歯髄は非常に大切な役割をもちます。歯根が形成されたあとも、虫歯に対する抵抗力や免疫、温かい冷たいといった感じを得るための感覚の維持を行っています。

根管治療に必要な期間と回数は?

根管治療に必要な期間と回数は、一度にとれる治療時間や歯の状況に応じて変わります。1度で終わることもありますし、長い場合は3~5回。それ以上かかることもあります。

炎症の改善を確認するために1週間程度治療期間をあけることがありますので、治療期間も1日で終わる場合や数週間や数ヶ月かかる場合もあります。

なぜ根管治療は治療回数が多くなるのですか?

歯根の本数が多かったり、炎症が強い場合には治療時間がある程度必要となりますし、一度にとれる治療時間に制限があるためです。

歯の状態によっては炎症の消退をまってから充填をする必要があるため、複数回治療がかかることがあります。

根管治療って痛いって本当?

多くの方は、根管治療と聞くと痛くて続けられないのではないかと心配するようです。

引き続き、医療法人社団 正安会 いちかわデンタルオフィスの市川 勝先生に気になる根管治療の痛みについて聞いてみましょう。

根管治療中は痛いの?

根管治療は、根の尖端付近を器具を使用して清掃をするため、痛みがでることがあります。

抜髄の場合には歯髄が存在するため麻酔が必要となりますし、歯髄がない状態の感染根管治療の場合にも必要に応じて麻酔を行います。

根管治療後にズキズキ痛むって本当?

痛みが起こらない人もいますが、根尖周囲に刺激が加わることで数日間痛みがでることもあります。根管治療後に噛むと痛いのはいつまで続く?

通常2-3日程度で落ち着きますが、炎症が強い場合には数週間程度持続することがあります。

根管治療は熟練した技術が必要

根管治療はどこの歯科医院でも日常的に行っていますが、器具の滅菌やラバーダムの使用など感染のコントロールに配慮した適切な治療環境が必要です。

また顕微鏡の使用がなければ治療自体が困難である場合もあり、治療を行うための機材や環境を準備するだけでも非常に手間がかかる治療です。

器具の取り扱いにはある程度の訓練や技術に対する習熟が必要となります。治療技術だけではなく、解剖や病態に対する適切な知識がなければ適切な診断が行えず、あやまった治療方法や対応を行ってしまうことがあります。

治療を成功させるためには歯内療法といった分野にたいする適切な知識や相応の技術が必要となります。

監修 市川 勝
医療法人社団 正安会 いちかわデンタルオフィス 理事長
日本歯科保存学会 認定医 日本歯内療法学会・日本歯周病学会 所属
東京医科歯科大学歯学部を卒業したあと、東京大学の口腔外科で研鑽を積む。「かぶせ物」「歯根治療」など専門分野に長けた歯科医師に師事。2017年9月、新大塚に「いちかわデンタルオフィス」を開院。専門はマイクロスコープを使った根管治療。

 

今回記事の監修をお願いした市川先生が理事長を務められている医療法人社団 正安会 いちかわデンタルオフィス

関連記事

  1. 【2020年最新】PRP毛髪再生医療実施医院!おすすめの7医院!

  2. 東京の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  3. 東京で根管治療の専門医おすすめ10院~他歯科での失敗もカバー~

  4. 【2020年最新】エキシマレーザー(エクストラック)導入皮膚科医院!