東京の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめ歯科医院10選!

抜歯に至る原因の第一位は歯周病ですが、第二位は重度の虫歯や歯根破折、歯根嚢胞となっています。

多くの人が悩んでいる第二位の原因に対しては、根管治療で歯を残すことが可能です。

東京で特に根管治療に力を入れている、おすすめの歯科医院がここです。

根管治療ってなに?我慢できないほど痛いって本当?何回通えば終わるの?根管治療に関連するさまざまな疑問に現役歯科医が答える記事は以下です。

いちかわデンタルオフィス|文京区

基本情報

東京・「新大塚」駅から南東へ徒歩2分、大塚公園の隣というアクセスに恵まれ、特に精密根管治療にはおすすめの医院です。歯の根の炎症に対する根管治療は、非常に高い精度を要求されますが、他院で上手くいかなかった治療や、歯や神経を残したいなど、根管治療に関して困られた方が多数来院して、治療を受けています。根管治療後の再発リスクを最小限にするために、ラバーダム防湿による感染コントロール、根管観察のための歯科用顕微鏡の使用など、技術や経験と共に歯内療法に関する幅広い知識を持っています。

おすすめポイント

マイクロスコープ使用

肉眼の3~20倍に拡大した視野で治療を行うことで、より高い精度の治療を提供してもらえます。精密な治療を行うため、虫歯になった部分だけをピンポイントで削るので、より多くの自身の歯を残すことができます。従来、医師の手先の感覚に頼っていた治療がマイクロスコープを使うことで、根管内を直接見ながら高いレベルの治療ができます。

十分な説明

レントゲン写真や口腔内写真、また必要に応じてCTやマイクロスコープによる動画撮影などの資料を提示して、患者さんに明確な説明をしてもらえます。

完全個室制

プライバシーもしっかり守られた広々した個室では、お子さま連れでも一緒に診療を受けられます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

はる歯科クリニック|千代田区

基本情報

都営新宿線「小川町」駅B5出口より西へ徒歩1分、その他東京メトロの駅からも徒歩1分と、アクセスはバツグン。「痛くなったら治療」という従来型の歯科医院から脱却し、「予防管理歯科医院」として口の中の健康を守り続けることをコンセプトとしています。歯を残す治療に豊富な知識と経験を持つ、根管治療の女性専門医が在籍しているので安心して受診できるのがおすすめです。

おすすめポイント

女性スタッフのみ

院長を含め、スタッフ全員が「女性」ですから、患者さんからは「優しく、明るくてとても感じの良い医院」だと、評判のようです。歯医者さんに行くのに緊張してしまう方には良いかもしれません。

歯科衛生士担当制

患者さん一人に対し歯科衛生士一人が担当するので、患者さんのデータの全てを保存管理し蓄積することで、患者さんの情報や変化に対して質の高い提案や治療ができます。

充実したカウンセリング

急患の方を除いて、直ぐに治療することはなく、まず最初に1時間ほどの時間をとって、しっかりと話し合えます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

西山デンタルオフィス|港区

基本情報

赤坂エリアの数多い医院から根管治療で歯科医院をおすすめするには、「患者さんと医院のマッチング」が大切と考えています。ハイレベルな治療を提供するために、将来を見据えた上で今必要なこと、快適に過ごすためのベストな方法、治療の選択を提案してくれます。自身の歯で豊かな人生を過ごせることを願い、できるだけ歯を残す「抜歯しない治療法」を常に考えてくれます。

おすすめポイント

マイクロスコープ

人間の裸眼では二点識別域は0.2㎜が限界といわれますが、精密根管治療のような高度な治療ではミクロン単位の治療が要求されます。マイクロスコープ(手術顕微鏡)を使用することにより、肉眼の3~20倍の拡大視野で治療が行えるので、より正確な施術により治療レベルを大きく向上できます。

数多くのインスツルメント

マイクロスコープの使用により、従来の治療器具より小さく精度の高い精密治療用器具(・NiTiファイル・多種類の超音波チップ・多種類のマイクロエキスカなど)を使います。

歯に適した根管充填法

新たに菌が入らないよう完全に封鎖するための治療として、きれいになった根管には「根管充填」を行います。根管の形や状態によって、その根管に適した根管充填方法を選んで完成度を上げていきます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

マナミ歯科クリニック|中野区

基本情報

世界最高峰と呼ばれるペンシルバニア大学の根管治療技術を日本で実施している「PESCJ」所属の認定医が筆頭に根管治療をおこなっていることが、この医院の一番のおすすめです。JR「中野」駅南口から徒歩5分の大久保通り沿いのマンション中野ソレイユの1階にあります。1996年にチェア3台から始まった診療所が、今では20台以上のチェアと30人以上の歯科医師を含む、100名以上のスタッフを抱える歯科医院に成長しました。院内技工所を設置しているので、患者さんと技工士が直接話のできる体制を整えています。また、歯科麻酔士が常駐しているので、歯科恐怖症や嘔吐反射の強い患者さんも安心して治療してもらえます。

おすすめポイント

診療台の増設

増やした診療台は全て個室、又は半個室になっているので、患者さんの待ち時間も減り、プライバシーも確保されています。

予防専用ルーム

診療所と同じフロアに第2診察室を設けて、予防専門ケアルームとして患者さんにとっての癒しの空間になっています。歯科医院を「痛くなったら行く」場所から、「より健康でより美しく過ごせるお手伝いをする」場所にしてくれています。

バリアフリー構造

待合スペースを拡充したバリアフリーの構造が、車椅子の患者さんを優しく迎えてくれます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

リーズデンタルクリニック|中央区

基本情報

地下鉄「日本橋」駅B1番出口から徒歩2分。ペンシルバニア大学と「PESCJ」とのコラボプログラムを受講し、根管治療専門医に認定されている上、イギリスでも歯内療法科大学院に合格して、両方のスタイルを取り入れた歯内療法専門歯科医院だから、根管治療に関する膨大な専門知識をベースに治療してくれます。1日4名の患者さん治療を上限とし、完全にプライベートな空間での治療、細やかな配慮と徹底した説明、不安のない歯科医療サービスをコンセプトにしています。

おすすめポイント

自由診療

通常の保険診療では診療ユニットを数台並べて、1時間に3~4人の患者さんを診療しないと、利益が上がらないシステムになっていますが、患者さん一人にかかる時間が長い自由診療なら、患者さんのかけがえのない歯を守る最良の治療ができます。

徹底

治療器具は100%滅菌処理を行うか、またはディスポーザブルのものを使用しています。材質上、滅菌が不可能な治療器具は一人ずつ専用なものとし、殺菌、消毒する器具の使い回しは一切行っていない徹底ぶりです。また、治療着手前の説明はもちろんですが、治療の各段階では全て、顕微鏡のカメラ画像で記録して、治療過程を見ながら術後の説明を受けられます。

アフターフォロー

根管治療終了後、4年間の経過観察は無料で行われます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

中延デンタルクリニック|品川区

基本情報

東急池上線「荏原中延」駅より南西へ徒歩1分、大阪王将の南向かい。中延3丁目の「中延デンタルクリニック」は、キッズコーナーも完備され、駅からも近くて通院し易いクリニックです。天然歯の保存をモットーに、できるだけ抜かない・削らない・痛くない低侵襲の治療を心掛けてくれます。

根管治療クリニックおすすめポイント

再発率の軽減と抜歯の回避

患者さんの大切な天然歯を守るために、重症化した虫歯に対して行われる根管治療に力を入れています。視野の拡大をはじめ、いろんな器具を駆使して、治療後の再発防止や抜歯の回避に努めてくれます。

精密根管治療へのこだわり

・拡大視野下での精密処置:根管は狭くて暗いという、劣悪な環境下での治療精度を高めるために、必要に応じて歯科拡大鏡やマイクロスコープを駆使して、根管内をしっかりと確認しながら、精密な処置が実施されます。
・歯科用CTによる精密検査:レントゲンでは発見し難い病巣をはじめ、複雑な形状の根管や数などを事前に把握することができます。
・レーザー治療器で殺菌:感染物質を除去後、必要に応じてレーザー照射により根管内の殺菌を行い、無菌状態にすることで、再発率の軽減に努めてくれます。

外科的歯内療法「歯根端切除術」にも対応

歯根の先端部分に細菌が感染して、膿が溜まる根劣病変という症状では通常の根管治療で改善できない場合があり、抜歯と診断されることも少なくありません。そのような場合でも中延デンタルクリニックでは、歯根部分の歯茎を切開して、細菌に感染した歯根の切除と膿を摘出する歯根端切除術で、症状の改善を試みてくれます。

Google maps

公式ホームページはこちら

恵比寿ヘンミデンタルオフィス|渋谷区

基本情報

JR 山手線その他の線「恵比寿」駅より北西へ徒歩4分、恵比寿西1丁目交差点北の寿豊ビル4F。恵比寿西2丁目の「恵比寿ヘンミデンタルオフィス」は、患者さん一人ひとりにしっかり時間を取って、質の高い治療を提供するために、精密治療に必要不可欠なマイクロスコープを使った、保険治療を行わない完全自由診療のクリニックです。

根管治療クリニックおすすめポイント

マイクロスコープ・CBCTを用いた精密根管治療

・マイクロスコープ:術者が見たい小さな歯の根の中に光を通して、20倍以上に拡大した視野の中で歯の中の状況を手に取るように把握して、拡大画像を見ながら直接治療できます。
・歯科用CT:治療前に複雑な根の中の「地図」を手に入れることができるツールです。特にレントゲンでは見ることのできない歯の水平断面図は、根管治療に絶大な情報を与えてくれます。

大切な歯を残せる「歯髄保存治療」

歯の神経である歯髄は、それ以外にたくさんの血管を含んでいるので、歯の健康に大きな役割を持っています。だからこの歯髄をできるだけ残すことが、歯の長期的な健康にとっても重要なのです。歯髄を残せた後は、できるだけ精度の高い詰め物を用いて、虫歯で失われた歯を覆うことが大切です。また、経過観察で長期的なフォローアップを行ってくれます。

精密で美しい「修復治療」

虫歯や以前の修復によって失われた歯を補い、噛める状態を作って最終的な仕上げとなり、また、長期間に安定した経過をたどることが必要です。修復処置のポイントとして、審美的であること、機能的であること、メンテナンスがやり易いことをあげています。

Google maps

公式ホームページはこちら

新宿オークタワー歯科クリニック|新宿区

基本情報

東京メトロ丸の内線「西新宿」駅より西へ、 東京医大病院の西向かい、新宿オークタワーA203。西新宿6丁目の「新宿オークタワー歯科クリニック」は、「できるだけ短い治療期間」「保険診療の範囲での治療」「長持ちする素材による治療」「自然な口元での美しさ」など、患者さんの希望に沿った治療を行ってくれます。

根管治療クリニックおすすめポイント

多彩な根管治療の種類

・生活歯髄療法:虫歯が神経の近くまで到達している場合でも、歯の神経の炎症が回復可能なら神経を残す治療が行えます。この治療は根尖性歯周炎の予防にも繋がります。
・根管治療:神経の炎症が回復不可能な場合に行われる治療で、これにより痛みの除去とそれ以上の細菌感染の進行を防げます。
・感染根管への治療:進行した神経の炎症と細菌感染により歯髄の壊死が起こり、根管に細菌の塊のバイオフィルムが付着します。これによって根尖性歯周炎が起こり、歯肉の腫れなどの症状が現れます。この症状では、根管内の感染を除去、または細菌数を減少させて根尖性歯周炎の症状を解消します。
・再根管治療:以前、根管治療を受けた根管に感染が起こり、根尖性歯周炎が発症した場合に行われます。過去の治療で用いた土台や薬を除去する必要があります。過去の治療次第で、歯の穿孔や破折などが残っていることもあり、難しい治療になるケースもあります。
・外科的歯内療法:根幹治療では十分な改善が見られない場合、歯肉を切開して根管治療では殺菌が難しかった部分を取り除く歯根端切除術が行われます。

できるだけ長く歯を残す

根管治療が必要な状態では、一般的に適切な治療を行っても歯を長く残すことが難しいとされていますが、新宿オークタワー歯科クリニックでは最新の知識と技術、機器(CT撮影、マイクロスコープなど)によってできるだけ長く歯を残す治療を心掛けてくれます。

精密根管治療のコンセプト

・検査診断:CTなどで歯髄や根尖部の精密検査を行い、歯髄を残す可能性がある場合は生活歯髄療法が検討されます。
・無菌的処置:可能な限り使い捨て器具を使用し、それ以外のものは徹底した殺菌により、無菌的な処置環境を実現しています。
・再根管治療:マイクロスコープを用いてメタルポストやファイバーコアの除去、ガッタパーチャの除去、破折ファイルの除去などが精密に行われます。
・充分な時間の確保:丁寧な根管治療を行うため、予約時に十分な診療時間を確保してくれています。
・予後の評価の重要性:治療後も定期的に経過観察が行われ、治療後の症状によってはマイクロスコープを使った外科的歯内療法が行われる場合もあります。

Google maps

公式ホームページはこちら

おおこし歯科クリニック|杉並区

基本情報

JR 中央線・総武線「西荻窪」駅南口より南へ徒歩3分、サンパレスの向いのビルB102。
西窪南2丁目の「おおこし歯科クリニック」では、口内をトータルに診察し、納得できる治療が受けられるよう、3つの価値を提供してくれます。
Ⅰ―素敵な笑顔 2-楽しく快適な食事の時間 3-生き生きとした生活

根管治療クリニックおすすめポイント

一人ひとりに向き合ったカウンセリング

治療前に必ずカウンセリングを行って、一人ひとりの患者さんに向き合う時間がしっかりと設けられています。問診や口腔内写真、レントゲンなどの検査から明らかになった結果から、治療方針や治療計画、必要性などを分かり易く伝えてくれます。クリニック内に設置されたカウンセリング専用ルームの利用では、プライバシーが保たれた環境になっています。

安心安全な治療への取り組み

治療では患者さんの希望を可能な限り尊重し、オーダーメイドで納得できる治療の提供に努めてくれます。また、クリニック内の衛生管理やクラスB規格のオートクレープ(滅菌器)を使った治療器具の徹底した滅菌に取り組んでいます。レントゲン撮影では被ばく量が非常に少ないタイプの機器を使用し、患者さんの体に配慮した治療を大切にしています。

デジタル機器の導入

デジタルレントゲンや口腔内スキャナーなどを使って検査を行い、撮影したデータを即座にコンピュータ上で再現できます。画像を見ながら現在の口の状況を分かり易く説明してくれます。さらに症例によっては歯科用顕微鏡のマイクロスコープを使って、治療のビフォーアフターを見ることができます。

Google maps

公式ホームページはこちら

坂上デンタルオフィス|世田谷区

基本情報

東急電鉄田園都市線「二子玉川」駅より北へ徒歩4分、246号線を越えた中吉通り沿い、双子玉川小学校入口交差点付近、マノア玉川第一ビル2F。玉川3丁目の「坂上デンタルオフィス」は根管治療専門医院として、最低1時間の治療時間を取り、マイクロスコープを用いた的確な治療を約束してくれます。前歯で1~2回、大臼歯で2週に1回、通常3~4回程度で治療が終わります。何ヶ月もかかって治していた治療が、週1回1時間の処置を3~4回で改善が可能とされています。

根管治療クリニックおすすめポイント

MI修復の推進

M.I.とは「ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)」の略で、歯の治療において歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑えて、本当に悪くなった部分だけを除去して修復する治療法です。できるだけ歯を削らず、神経を取らず、生まれ持った歯をできるだけ残して、歯の寿命を長くしてくれます。

最小限の切削による治療

患者さんの大切な歯を残す精密根管治療:重度の虫歯、歯周病になった場合の治療法の3パターンには、メリット、デメリットがあります。
・一般的な自費診療:メリット-安定して噛める、歯を削らない
デメリット-高額(30万円~)、外科処置が必要
・一般的な保険治療:メリット-安い(1万円程度)
デメリット-健康な歯を削る、神経の処置が必要になることもある、やり直しも多い
・マイクロ精密治療:メリット-自分の歯で咬める、インプラントより安い(10万円程度)、
削る量が非常に少ない
デメリット-保険治療よりは高額

治療の際の痛みに最大限の配慮

・治療前の配慮:腫れている場所や歯茎の状態、虫歯の深さを確認し、レントゲン撮影やCT撮影によって原因となる歯を確定します。その後、原因歯に対する適切な処置方法を提案してくれます。
・治療中の配慮:処置中の痛みに対しては、一番細い針の電動麻酔で一定圧による表面麻酔が行われます。
・治療後の配慮:根管治療後は一時的に痛みが出ることもあり、痛み止めの薬や抗生物質の服用もあります。

Google maps

公式ホームページはこちら

 

気になる歯科医院は見つかりましたか?精密根管治療はどうしても費用感も高額になりがちだからこそ、しっかりと納得した上で治療に臨みたいですよね!今回の特集記事が参考になれば幸いです。是非他のエリアの特集記事もチェックしてみてください!

関連記事

  1. 愛媛マウスピース矯正インビザラインおススメ歯科医院

  2. 大分マウスピース矯正インビザラインおススメ歯科医院

  3. 神戸マウスピース矯正おススメ歯科医院5件

  4. 広島の白内障手術おすすめ眼科医院

  5. 大阪府の眼科医さん!おすすめしたい5医院!

  6. 【2020年】京都 ニキビ治療おすすめ医院9選