【2020年】高槻の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院5選!

今回は、大阪高槻市内の胃カメラ検査で人気のクリニックをまとめました。口からはもちろん、鼻から入れていくことも一般的になってきましたが、やはり痛さや苦痛が伴います。もう絶対あの苦痛は経験したくない!と思っておられる方も多いかと思いますが、それでも早期発見早期治療のために胃カメラ検査は必要です。そこで今回は、高槻市内で痛みや苦痛を極力少なく胃カメラ検査を行って頂けると評判の、おすすめできる消化器内科やクリニックをそれぞれの特徴をまとめてご紹介しています。是非参考にしてみてください!※各掲載医院の情報は2020年07月時点のものです。

森口胃腸内科クリニック

基本情報

JR「高槻」駅、阪急「高槻市」駅より「北大塚・下田部団地・玉川橋団地」行きバス乗車、「深沢住宅南口」下車。高槻市深沢の「森口胃腸内科クリニック」は胃カメラ・大腸カメラによる内視鏡検査の設備が充実しており、胃がんや大腸がん、食道がんなどの消化器系がんの早期発見、早期治療に努めています。

おすすめポイント

新しい内視鏡システム

オリンパス社製内視鏡システムを導入し、微小ながんまで発見して、治療できます。また、大腸ポリープ切除などの日帰り手術も行えます。

極細経鼻用ファイバーの使用

通常は口径5.5㎜の胃カメラを鼻から挿入しますが、口からの挿入で苦痛を軽減することも出来ます。

検査中も身体の変化をチェック

内視鏡検査時は痛みが無くても、迷走神経反射によって血液内の酸素濃度が落ちたり、脈拍異常や血圧低下が起こることがあります。このような変化を内視鏡検査モニターで監視しています。また、全自動血球計数機では白血球数・赤血球数・ヘマトクリット・血小板数などを調べています。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

かきはらみずほクリニック

基本情報

JR「高槻」駅連絡通路で直結、徒歩3分、ジオ高槻ミューズレジス3階。高槻・白梅町の「かきはらみずほクリニック」は地域の「かかりつけ女医」として、内科一般の生活習慣病や消化器内科の対象疾患、苦痛の少ない内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)など、幅広く診療してもらえます。

おすすめポイント

苦痛の少ない胃カメラ

鼻から胃へと挿入する経鼻内視鏡検査を行っているので、口から行う経口内視鏡に比べて、嘔吐反射や不快感が少なく、比較的楽に検査が終えられます。尚、希望する方には鎮静剤を使用することも出来ます。

院長は女性内視鏡専門医

胃カメラ・大腸カメラによる検査及び治療は、女性院長が直接、女性スタッフと共に苦痛の少ない内視鏡検査を行えます。院長は日本消化器内視鏡学会専門医に認定されていますので、安心して検査を受けられますね。

定期的な胃カメラ検査を推奨

胃カメラ検査を定期的に受けることで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が飛躍的に高まります。特に慢性萎縮性胃炎やピロリ菌感染している方には、胃カメラ検査が勧められます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

やまの内科・胃腸内科クリニック

基本情報

JR「高槻」駅、阪急「高槻市」駅より#2・3バスで「庄所」バス停下車、左へすぐ。高槻・庄所の「やまの内科・胃腸内科クリニック」は総合内科専門医として、かぜ・頭痛・腹痛・インフルエンザなどの急性疾患から生活習慣病からくる慢性的疾患まで、地域のかかりつけ医として幅広く柔軟に対応してもらえます。また、胃カメラ・大腸カメラの同時検査も可能だそうです。

おすすめポイント

胃カメラ検査では2つの方法から選択

鼻から内視鏡を挿入する経鼻内視鏡検査と、鎮静剤を使って眠っているような状態で苦痛のない検査が行える経口内視鏡検査があり、医師と相談の上、どちらでも選択できます。尚、鎮痛剤使用の場合は麻酔が覚めるまで、1時間ほどクリニックで休むことになり、車の運転はできません。

ピロリ菌検査

胃炎や胃・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌や消炎鎮痛剤などの薬剤、胃酸の分泌過剰などによって胃や十二指腸の粘膜が傷つけられて、胸やけや空腹時の上腹部に痛みが起こります。放置すれば、吐血や腹膜炎を併発することもあり、早期の診療・治療が必要です。主たる原因のピロリ菌は胃がん発生にも大きく関係するので、ピロリ菌検査を行って、陽性であれば除菌治療が勧められます。

大腸カメラ検査でポリープの早期発見・切除

細径スコープを使い、無送気軸保持短縮法によって不快なお腹の張りや違和感などの苦痛が少ない安全な検査ができます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

おおぎたに内科・胃腸内科

基本情報

JR京都線「摂津富田」駅より市営バス「土室南」バス停下車、西国街道を徒歩1分、スーパーマルヤス宮田店横。高槻・摂津富田の「おおぎたに内科・胃腸内科」は丁寧な診察と的確な診断で、胃カメラをはじめとする生活習慣病や各種疾患について納得できる医療を提供してくれます。

おすすめポイント

最新の内視鏡設備で精度の高い安全な検査

オリンパス社製の特殊光観察機能を備えたハイビジョンNBIシステムによる電子内視鏡を導入して、精度の高い検査が行えます。病変が異なる色調で表される特殊な光で、微細な血管や粘膜の表層構造の微小な病変を診断でき、最も適切な治療法を選択できます。

極細径で高画質の内視鏡スコープを採用

通常、細径内視鏡スコープは検査が楽な反面、「画質が良くない」「光量が少ない」などの問題がありました。おおぎたに内科・胃腸内科では、先端部の外径が約5.0㎜と超極細でありながら、太径のスコープと同等の性能があるスコープを使って、身体に負担の少ない検査ができます。

大腸カメラでポリープ切除

大腸検査でも硬さを変えられる細径スコープで苦痛の少ない内視鏡を挿入します。検査中にポリープが見つかれば、大きさや個数に制限はありますが、その場で切除することもできます。胃カメラと同様に少量の麻酔を使って、寝ている間に内視鏡検査を受けられます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

森田内科・胃腸内科

基本情報

JR「高槻」駅、阪急「高槻市」駅より市営バス#2・3番乗り場「城西町」バス停下車東へ、徒歩5分、老人ホーム「朋央」の向かい。高槻市・城南町の「森田内科・胃腸内科」は楽な検査のかかりつけ医を求める全ての方のために、アメリカ内視鏡学会国際会員の院長が確かな胃カメラなどの内視鏡検査を行います。

おすすめポイント

豊富な内視鏡バリエーション

「達人は内視鏡を選ぶ」が森田院長の持論で、胃カメラ2種類、小腸カメラ1種類、大腸カメラ4種類という豊富なバリエーションから、最適な内視鏡検査を行います。

専門施設レベルの内視鏡センター

日本・世界で高名な内視鏡室を参考にして、「麻酔を使用した苦痛の無い内視鏡検査」を機能的の行えるように設計されています。内視鏡や高周波(ポリープ切除に用いる電気メス)は、専門施設相当の高性能設備(経鼻内視鏡、細径拡大大腸内視鏡、狭帯域光観察システムNBI、高周波電気メスVAIO200Dなど)が用意されています。

内視鏡検査時の麻酔使用には肯定的

熟知した内視鏡専門医・指導医である院長が行う内視鏡時の麻酔に問題はありません。以前の検査で麻酔を使わなくても問題がなかった方や、希望しない方に無理に麻酔を勧めることはありませんが、検査が心配な方や以前の検査で苦痛が強かった方には、積極的に麻酔を勧めています。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

 

いかがでしたか?今回ご紹介した高槻市内のクリニックは、胃カメラ検査で評判のクリニックばかりです!ご都合に合わせて選んでみてくださいね!その他の主要エリアの特集記事も併せてチェックしてみてください!

関連記事

  1. 大阪府内の白内障手術おすすめ眼科医院

  2. 姫路の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  3. 悪い歯医者の特徴はホームページで丸わかり!東京代々木で本当におすすめ歯医者8選

  4. 青森の根管治療を専門とするおすすめ歯科医院5選!

  5. 京都府内の白内障手術おすすめ眼科医院

  6. JR甲子園口駅周辺の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!