山口の白内障手術おすすめ眼科医院

白内障とは、ある程度の年齢になると水晶体が白く濁ってくる病気で、白内障手術は年間約120万件も行われています。ですので、誰もが経験する病気と言えるものですが、だからと言ってどこの眼科医院でも良いという訳にはいきません!どうしても大切な目の事。各医院の実績はもちろん、設備のこと、費用のこと、手術後のこと、しっかりと自身が納得した上で手術をお願いしたいものです。そこで今回は、山口県で白内障手術の症例実績が多く、その他の点でも安心して受診できる眼科医院をおすすめ順にご紹介します。是非、白内障手術を検討する際の参考にしてみてください。※各掲載医院の情報は2020年12月時点のものです。

山口県で白内障手術が得意な眼科医院

まつもと眼科|山口県下関市

基本情報

サンデン交通バス「東駅」バス停目の前。山口県下関市羽山町の「まつもと眼科」は平成31年にリニューアルオープンし、眼科一般診療やまぶたの手術などを行い、白内障手術はもとより、従来入院が必要であった硝子体手術(黄斑の手術)にも日帰り手術で対応できます。

おすすめポイント

手術に特化

多焦点眼内レンズや乱視用眼内レンズにも対応できる白内障手術や黄斑手術、まぶたの手術など、眼科で行う多くの手術に日帰りで行うことができます。

充実した医療機器

散瞳しないでも詳しく眼底検査が行える機器や、眼の病気を早期に発見できる機器、安全な手術を行うための機器を導入して、医療体制の充実を図っています。

スムーズな医療体制の推進

当日の電話で受け付けの順番が取れるシステム、待合室での順番表示や医院・医療の情報を伝えるモニターなどが導入されて、スムーズな受付と待ち時間の短縮が推進されています。

Google maps

公式ホームページはこちら

さとう眼科|山口県岩国市

基本情報

JR山陽本線「岩国」駅より2号線を西へ、岩国市営バス「桜地蔵」バス停下車、徒歩2分。山口県岩国市室の木町の「さとう眼科」は、ドライアイ治療やコンタクトレンズ処方などの一般的な眼科診療以外に、白内障や緑内障、網膜硝子体、黄斑疾患などに対する診断や治療(手術を含む)にも力を入れています。

おすすめポイント

白内障の予防

白内障の予防には「薬物療法」や「食事療法」がありますが、進行を遅らせることはできますが、白内障そのものを治すものではありません。だから効果がないという訳ではなく、食事療法では、ポリフェノール、ビタミンC・Eなどの抗酸化作用のある食べ物を摂ることで、白内障の予防になると共に、他の病気への予防に繋がります。「脂っこい食事や糖分を控える」「緑黄色野菜を多く摂る」「水分をたくさん摂る」など、食生活で工夫できることは実践してください。

緑内障はどんな病気

眼の中には房水と呼ばれ液体が循環し、眼球を一定の圧力(眼圧)に保っていますが、一般的な緑内障は、この眼圧が高まって視神経障害を起こし、視野が狭まってきます。徐々に視野が欠けてくるので、初期には病気に気がつく人はほとんどいません。一度欠けた視野は元に戻ることはないので、40歳を過ぎたら定期検査を受ける方が良いでしょう。

網膜硝子体手術について

眼球内部の大部分を占める透明なゼリー状の硝子体は、網膜に病気が生じると網膜を牽引したり、炎症を持続したり、混濁や出血を生じたりと、その進行に大きく関わってきます。この硝子体を切除することで病気の進行を抑えて、視力回復が図れます。

Google maps

公式ホームページはこちら

ふじつ眼科|山口県宇部市

基本情報

宇部市交通局・宇部線「宇部新川」駅下車、小羽山線バス「宗麟寺上」バス停下車、徒歩2分、セブンイレブン宇部小串台店の横。山口県宇部市小串の「ふじつ眼科」は2014年開院し、眼科一般の診療以外に、日帰り白内障手術や翼状片手術、糖尿病網膜症などの眼底疾患や緑内障、後発白内障などに行うレーザー治療、硝子体注射やボトックス注射など、幅広く対応できます。

おすすめポイント

多くは日帰り手術で対応

白内障手術、硝子体手術、翼状片手術、その他小手術は日帰り手術で対応ができます。手術当日に帰宅できて、入院の必要がないので、余計な出費や時間をかける必要がありません。日常生活のリズムを変えずに手術が受けられると、皆さんに好評です。

白内障治療について

主に加齢などの原因で、水晶体が混濁して見えにくくなり、日常生活に不自由さを感じるようになったら、手術を行う時期といえます。当院では混濁した水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを挿入する日帰り手術を行いますが、入院による手術の場合は、山口大学病院や宇部興産中央病院と連携して行えます。

日帰り硝子体手術のついて

網膜前膜や黄斑円孔などの黄斑疾患や増殖糖尿病網膜症や網膜剝離など幅広く対応していますが、日帰り手術では好ましくないと判断された症例については、山口大学附属病院への入院手続きが勧められます。

Google maps

公式ホームページはこちら

広田眼科|山口県周防市

基本情報

JR山陽本線「徳山」駅の北東へ徒歩5分、メガネのタナカ徳山御幸通店の東。山口県周南市新町の「広田眼科」は1966年眼科専門医院として開院し、徹底した術前検査と術後フォローが行えるので、安心して治療が受けられます。近年、世界規模の3つの眼科学会で受賞するなど、その技術力は折り紙付きです。

おすすめポイント

最新の手術器械で白内障手術

最新のアメリカ各社製の手術器械で極小切開白内障超音波手術を行っています。また硝子体手術装置には2社の器械を完備しているので、万一の合併症に対しても、万全の体制が整えられています。

土曜診療

月・火・水・金曜日は、9:00~13:00 14:30~18:00まで、診療にあたってくれます。
土曜日は、9:00~13:00 14:30~16:30までと、なっています。
尚、木曜日は、9:00~13:00の半日診療と、なっています。
休診日:日曜日・祝祭日

世界が認める技術力

2018年には日本臨床眼科学会第二位、2019年米国白内障屈折矯正学会第二位、アジア太平洋白内障屈折矯正手術学会第一位を廣田院長が受賞し、その技術が世界に認められています。

Google maps

公式ホームページはこちら

ふなつ眼科|山口県周防市

基本情報

JR山陽本線「新南陽」駅から防長バス(川崎経由、戸田駅前行き)「東校前」バス停より徒歩3分、エディオン政所店の東。山口県周南市桶川町の「ふなつ眼科」は平成9年開院し、バリアフリー対応の院内では、車椅子のまま診察室まで向かえます。身体障害者用トイレやおむつ台も完備されています。日帰りで白内障、硝子体、緑内障の手術が行えます。

おすすめポイント

技量に自信あり

白内障手術を始めて10,000眼以上の手術をこなし、今では自信を持っていかなる事態に対しても対応できる術を身につけていると、院長は言い切っています。手術に前向きで院長を信じて任せた患者さんの結果はとても良好だそうです。

白内障手術ができない方

・重篤な糖尿病で内科的コントロールができない方:血糖値のコントロールが安定していれば、白内障手術を問題なく行えますが、重度の糖尿病患者は感染症に弱いので、血糖値のコントロールが必須の条件になります。
・認知症が進行している方:状況が理解できず、手術中に暴れるケースが多々あります。また、目の手術をしたことをすぐ忘れて、目を擦り上げるトラブルもあります。

術後に感染症を起こさない

細菌性眼内炎は非常に重篤な合併症で、最悪の場合、失明に至るので十分な対策が必要です。眼球は涙が正常に流れて、鼻の方へ排出されることで清潔に守られています。それが高齢になると涙の流れが悪くなって、流れの経路が狭まったり詰まったりするのです。そのため非常に衛生的に悪い状態になるので、ばい菌排除のために手術前から点眼薬が欠かせないのです。

Google maps

公式ホームページはこちら

 

いかがでしたか?今回は山口県の、下関市、岩国市、宇部市、そして周防市のおすすめ眼科医院をご紹介しました。是非安心して任せられる医院を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 茨城の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院

  2. 堺市の根管治療を専門とするおすすめ歯科医院5選!

  3. 高知の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい4歯科医院!

  4. 愛知の白内障手術おすすめ眼科医院

  5. 大分の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  6. 【2020年】阪神甲子園駅周辺の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!