鳥取の白内障手術おすすめ眼科医院

白内障とは、ある程度の年齢になると水晶体が白く濁ってくる病気で、白内障手術は年間約120万件も行われています。ですので、誰もが経験する病気と言えるものですが、だからと言ってどこの眼科医院でも良いという訳にはいきません!どうしても大切な目の事。各医院の実績はもちろん、設備のこと、費用のこと、手術後のこと、しっかりと自身が納得した上で手術をお願いしたいものです。そこで今回は、鳥取県で白内障手術の症例実績が多く、その他の点でも安心して受診できる眼科医院をおすすめ順にご紹介します。是非、白内障手術を検討する際の参考にしてみてください。※各掲載医院の情報は2021年1月時点のものです。

鳥取県で白内障手術が得意な眼科医院

まつい眼科クリニック|鳥取県倉吉市

基本情報

JR「倉吉」駅発、バス停「厚生病院前」下車、徒歩1分。倉吉市昭和町の「まつい眼科クリニック」は平成14年開院し、「倉吉標準ではなく、全国標準のクリニックを作る」をモットーに、強くて頼もしい知識と技術を持った医師、看護師、視能訓練士、コンタクトレンズ専任スタッフが一丸となって、白内障や緑内障に優しく丁寧な対応をしてくれます。

おすすめポイント

日帰り白内障手術

近年の麻酔や術式の進歩のより、日帰りで手術が行えるようになっています。術中、術後も強い痛みを感じることはなく、術後、直ぐに帰宅することができます。生活環境への影響が少なく、翌日から普段通りの生活リズムが営めると、喜ばれています。

緑内障レーザー治療

緑内障に対し、メスを使用せずに治療が行えます。点眼麻酔で行われる治療は数分で終わり、痛みもほとんどなく、入院の必要もありません。70~80%の治療効果で半年から1年ほど持続します。

入院設備もあり

日帰りできるほど負担は少ないのですが、1泊入院を選ぶこともできます。半個室の2床ずつの部屋が3部屋、合計6床のベッドがあります。ベッド周りに洋服掛けや引き出しなどの収納機能も備わり、テレビや冷蔵庫は談話室にあります。

Google maps

公式ホームページはこちら

小森眼科クリニック|鳥取県境港市

基本情報

JR境線「境港」駅から東へ徒歩10分、2号線元町バス停下車、パティオから北へ100m。鳥取県境港市元町の「小森眼科クリニック」は平成2年開院し、眼科一般の中でも特に小児眼科と緑内障の設備が充実しています。主に日帰り白内障手術、緑内障、涙器、その他前眼部の手術が行えます。患者さんには、分かり易くて理解でき、信頼してもらえるオープンで明るい医院を目指しています。

おすすめポイント

白内障の予防

白内障を発症して2~3年で不具合を感じる人もいれば、20~30年経ってもほとんど進行しない人もいるように、症状の進行速度は異なります。初期段階で発見するためには、定期的な眼科検診が必要です。また予防には、抗酸化作用のあるビタミンEを含んだ食品をとったり、老化によって減退するカルノシンを補う「非加水分解カルノシン」含有の目薬が有用と言われています。

白内障を治す方法

現在、白内障を治す方法は手術が唯一の手段です。日本では年間140万例も行われる外科手術を伴う治療としては最も件数が多い部類に入ります。 “白内障が治る”との触れ込みでインターネットなどで販売されていますが、厚労省は認可していないし、その効果も定かではありません。日本では予防か進行抑制が目的で、眼科を受診して処方箋をもらって購入することになっています。

オンライン診療の実施

慢性疾患など症状が安定している方の定期受診を自宅や職場からスマホやPC、タブレット等を使ってテレビ電話で診察を行い、処方箋を手配することができます。予約時間になったら、ビデオチャットで医師の診察が受けられるので、通院のための移動時間や待合室での待ち時間の必要がありません。

Google maps

公式ホームページはこちら

三木眼科|鳥取県鳥取市

基本情報

JR山陰本線「鳥取」駅より北へ車で5分、318号線松並町1交差点を右折、松並町バス停より徒歩2分。鳥取市松並町の「三木眼科」は白内障手術では、日帰り手術、1泊手術のどちらにでも対応できます。また、緑内障・糖尿病網膜症の相談も受け付けています。

おすすめポイント

入院設備のある白内障手術

特に問題のない場合は、日帰り白内障手術で対応できますが、術後の帰宅に不安がある方や遠方から来院された方には、手術後当日に入院するための施設が整えられています。

早期発見・早期治療のための各種機器が充実

最新の白内障手術器械や顕微鏡、レーザー治療装置及び、精密視野検査装置などが備えられて、眼科疾患の早期発見・治療にあたれます。

土曜診療

月・火・水・金曜日は、9:00~12:30 15:00~18:00まで、診療してもらえます。
土曜日は、9:00~12:30 14:00~16:00までの診療となっています。
尚、木曜日は、9:00~12:30の半日診療で、休診日は、日曜・祝日・木曜(手術日)です。

Google maps

もとむら眼科医院|鳥取県鳥取市

基本情報

JR山陰本線「湖山」駅から北東へ約110m。鳥取市湖山町の「もとむら眼科医院」は、白内障や眼瞼下垂、糖尿病網膜症、網膜剝離、ものもらいなどの治療・対応ができます。また、緑内障やドライアイ、眼精疲労、眼科アレルギー、コンタクトレンズ検査などの専門的な検査や対応が可能です。

おすすめポイント

眼科専門医が行う的確な診療

白内障手術の他にも、眼瞼下垂、糖尿病網膜症、網膜剝離といった専門性の高い眼科疾患に対し、眼科専門医として的確な診断を下して、最適な治療にあたることができます。

日本の失明率ランキング

日本では白内障で失明する人が少ないのは、すぐれた医療・技術の発達・普及のおかげですが、では現在、失明率ランキングはどうなっているでしょうか。
第1位-緑内障20.9%、第2位糖尿病性網膜症19%、第3位網膜色素変性症13.5%、第4位加齢性黄嚢変性症9.3%、第5位視神経萎縮脈絡膜萎縮8.6%、第6位高度近視7.8%、第7位角膜疾患3.4%、第8位白内障3.2%、第9位その他14.3%というふうに、超音波技術と眼内レンズの発達による白内障手術の効果が表れています。

白内障の原因

水晶体の細胞内に存在するクリスタリンタンパクは本来、非常に小さくて水晶体の働きを邪魔することはありません。このクリスタリンタンパクを構成しているアミノ酸が、いろんな要因によりストレスを受けることで、異常なサイズの塊に成長していきます。これによって、水晶体を通過する光が眼の奥に届かなくなったり、反射して眩しくなったりするからです。

Google maps

前嶋眼科医院|鳥取県鳥取市

基本情報

JR山陰本線「鳥取」駅から北東へ約690m、きなんせ広場の東。鳥取市元町の「前嶋眼科医院」は信頼と実績を積み重ねて35年、眼科一般診療、めがね、コンタクトレンズ処方に対応し、白内障を中心に手術件数は年間1,000件を超しています。車いすや視力の悪い患者さんの為に、スロープと手すりが設置され、院内はバリアフリー化されています。

おすすめポイント

白内障日帰り手術は入院も可能

白内障手術は毎週20~22例ほど行っていますが、手術当日に帰宅するのが不安な方には、1泊入院にも対応しています。

院内バリアフリー

車いすや視力の悪い患者さんのために、段差をなくしたスロープと手すりを設置して、院内はバリアフリー化されています。入り口や手術室など院内5か所に自動ドアを設置し、ドアノブから結膜炎が感染しないように配慮されています。

土曜診療

平日・土曜日共に、9:00~12:00 15:00~18:00まで、診療にあたってくれます。
休診日:日曜・祝祭日のみですが、臨時休診の場合があります。 

Google maps

 

いかがでしたか?今回は鳥取県の鳥取市を中心に、倉吉市と境港市にあるおすすめ眼科医院をご紹介しました。是非安心して任せられる医院を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 【2020年】千駄ヶ谷の審美歯科でおすすめしたい5歯科医院!

  2. 新潟の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  3. 奈良の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院

  4. 神戸のJR住吉駅周辺の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  5. 松原の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  6. 静岡の根管治療を専門とするおすすめ歯科医院