大阪市内の白内障手術おすすめ眼科医院

白内障とは、ある程度の年齢になると水晶体が白く濁ってくる病気で、白内障手術は年間約120万件も行われています。ですので、誰もが経験する病気と言えるものですが、だからと言ってどこの眼科医院でも良いという訳にはいきません!どうしても大切な目の事。各医院の実績はもちろん、設備のこと、費用のこと、手術後のこと、しっかりと自身が納得した上で手術をお願いしたいものです。そこで今回は、大阪市内で白内障手術の症例実績が多く、その他の点でも安心して受診できる眼科医院をおすすめ順にご紹介します。是非、白内障手術を検討する際の参考にしてみてください。※各掲載医院の情報は2020年12月時点のものです。

大阪市内で白内障手術が得意な眼科医院

前田眼科医院|大阪市中央区

基本情報

地下鉄谷町線・中央線「谷町4丁目」駅4番出口より徒歩1分、OCTビル1階。大阪市中央区内本町 の「前田眼科医院 」は平成20年開院し、「名医より良医であれ」をモットーに、皆さんの「かかりつけ眼科医」として、コンタクトから緑内障/白内障手術まで、多くの皆さんの眼の健康を守っています。

おすすめポイント

日帰り白内障手術にも対応

カメラのレンズにあたる部分を人の眼では水晶体と呼びますが、その水晶体が濁ってくる病気が白内障です。進行すれば手術が必要ですが、現在では技術の進歩により良好な視力を回復できます。原因の多くは加齢によるものが多く、一般的に老人性白内障と呼ばれ、早い人では40歳代から始まり、80歳代では多くの方が白内障を発症しているといわれています。手術時間は10~15分程度で、日帰り白内障手術が行えるようになっています。

院長は緑内障の専門医

昨今の緑内障の診断・治療の進歩により、「緑内障イコール失明」という概念は古くなりつつあります。まだ難治性の緑内障も存在しますが、一般的に早期発見・早期治療により失明の危険性を減らすことができる病気となっています。先ずは40歳を過ぎたら一度緑内障の検診を受けてください。

糖尿病網膜症のレーザー治療

網膜光凝固術は主に網膜の酸素不足を解消して、新生血管の発生を予防したり、既に出現した新生血管を減らしたりします。これにより今以上の網膜症の悪化を防ぎ、将来の失明予防となります。

Google maps

公式ホームページはこちら

南里眼科|大阪市住吉区

基本情報

大阪市営地下鉄「あびこ」駅3.4番出口よりあびこ筋を南へ徒歩1分。大阪市住吉区 の「南里眼科 」は平成29年開院の新しい眼科医院で、一般眼科診療はもちろん日帰り白内障手術や糖尿病網膜症の治療などの手術・診察を通じて、地域の皆さんの「眼のかかりつけ医」として貢献してくれています。

おすすめポイント

日帰り白内障手術に適応の条件

診察の上、比較的若くて、体力に自信があり、他にこれといえる病気のない方には、日帰り手術が可能となります。入院することで、かえって認知症が進んだり、慣れない入院環境で体調を崩す懸念のある方には、日帰り手術の方が心身への負担が少ないケースもあります。術後の経過診察のため、定期的に通院ができる方、術中・術後の諸注意がしっかり守れる方であることも条件になります。

眼内レンズの2つのタイプ

・単焦点眼内レンズ:保険が適応され、眼鏡をかけても構わず、より鮮明な視力を求める方に適します。焦点を遠近のどちらに合わせるかを事前に医師と話し合って決められます。近視用眼鏡か老眼鏡を使うことになりますが、レンズ代も手術費も全て保険適応だから、経済的負担は少なくて済みます。
・多焦点眼内レンズ:遠近両用のレンズで、他に中間距離にも焦点が合う3焦点タイプもあります。眼鏡の使用頻度は減らせますが、夜間にライトなどを見るとハロー・グレア現象が起こり、車の運転には不向きです。

選定療養の利用

選定療養は、追加費用を負担することで、保険適応の治療と適応外の治療を併せて受けられる制度で、この場合、手術費用は単焦点眼内レンズと同じ健康保険適応となり、多焦点眼内レンズにかかる代金が別途負担となります。尚、レンズの種類は国内認可されたものに限定されます。

Google maps

公式ホームページはこちら

西眼科医院|大阪市東成区

基本情報

JR大阪環状線「玉造」駅下車、北側出口より東へ300m、308号線長堀通、徒歩10分。大阪市東成区 の「西眼科医院」は、「患者さんの立場と要求に敏感である高感度」、「最高水準の治療を実現するための高感度」、「病院組織が高度に機能する高感度」、このような高感度な眼科専門病院を目指しています。調節力を復元する白内障手術(レンズ・レフィリング)も臨床応用が近づいています。

おすすめポイント

フェムトセカンドレーザー白内障手術のメリット

白内障手術の主なステップのいくつかを最新テクノロジーを使ったフェムトセカンドレーザーで行うことで、数十ミクロンレベルでの正確な切開を実現しています。また、独自の画像技術で眼の立体構造を解析し、高性能ソフトウェアによる個人の治療計画を作ります。それによって意図する治療部位だけに正確なレーザーパルス照射を行い、周辺組織を保護できます。同時に手術時間も短縮され、負担も軽減されることになります。

多焦点眼内レンズの注意点

単焦点眼内レンズと比べ、焦点が多いなどのメリットの反面、注意するべき点もあります。
・コントラスト感度の低下:視力の測定は通常、一定の明るさ・距離で白紙上の黒い指標(強いコントラスト)で測定されます。しかし日常生活では様々な条件下で物を見ることになります。このような様々な条件での視力を表す指標をコントラスト感度と呼びますが、その点で単焦点眼内レンズと比べると、多焦点眼内レンズは少し低めで、つまり、同じ視力でも単焦点眼内レンズの方がより鮮明に見えます。
・ハロー、グレアの頻度が高い:一種の光の乱反射ですが、単焦点眼内レンズよりも多焦点眼内レンズでは多く見られます。ただ、多くの方はだんだん慣れてきます。
・乱視が強い眼では多焦点眼内レンズの利点を生かせず、効果が発揮されません。

追加挿入型多焦点眼内レンズ(Add-on眼内レンズ)について

既に単焦点眼内レンズが挿入されている眼に、更にもう一枚の多焦点眼内レンズAdd-onを挿入することで、遠近両方に焦点が合わせられます。単焦点眼内レンズと比べて眼鏡無しでの生活ができる確率が高くなります。

Google maps

公式ホームページはこちら

なかみち眼科|大阪市大正区

基本情報

大阪シティバス「小林(大正警察署前)」バス停すぐ、173号線沿い。 大正区小林西の「なかみち眼科」は2020年7月に開院した新しい眼科クリニックです。皆さんの「眼の健康」と「見える幸せ」を提供するため、白内障手術や緑内障手術、硝子体手術、眼瞼手術を全て日帰りで行っています。広々とした待合室や検査室はバリアフリー対応ですから、車椅子やベビーカーでもそのまま入ってもらえます。

おすすめポイント

最新の知識と技術を兼ね備えた院長

地元の大正区で幼少期を過ごした院長は、専門の白内障手術や網膜硝子体手術以外にも、緑内障や小児眼科、アレルギー疾患でも基幹病院で最新の治療を実践してきています。そこで培った経験を活かし、最新の治療機器を駆使した日帰り手術が行えます。

日帰り白内障手術の概要

手術場所:当院2階の手術室。 手術時間:10分程度。 当日の所要時間:2~3時間。
保険適用:可能(単焦点眼内レンズ)。 入院の必要性:なし。 定期検診:必要。
・手術日決定:受診時に相談の上、決定されます。
・術前検査:手術に必要な検査と採血、全身検査を行います。
・手術1週間前最終確認:手術の最終確認と術前点眼薬(3日前より抗菌薬を点眼)を渡し、来院時間や手術開始時間が伝えられます。
・手術:1時間前に来院し、手術後は眼帯をして、リカバリー室で休憩後、帰宅となります。
・術後:翌日は眼帯をつけたまま来院し、その後は術後の経過観察を続けることになります。

オストメイト対応のトイレ設置

人工肛門や人工膀胱を保有している方でも、利用できるトイレが設置されているので、安心して来院してもらえます。

Google maps

公式ホームページはこちら

三間眼科医院|大阪市西成区

基本情報

地下鉄「岸里」、「玉出」駅より西へ徒歩約12分、阪神高速15号境線沿い、市営バス停「天津橋」下車すぐ。大阪市西成区 の「三間眼科医院 」は80年の歴史、三代目の女系眼科医院として、地域に根付いた診療を続けています。リニューアルを機に前眼部疾患に対する強みを生かして、日帰り白内障手術や眼瞼内反症などの各種外眼部手術を行っています。

おすすめポイント

患者さんの意思を尊重した手術

白内障の方に対して、決して無理に手術を勧めることはなく、患者さんの意思を尊重した上で、手術をするかどうか、いつ受けるかなどが決められます。白内障は基本的に手遅れになる病気ではないので、「患者さんと一緒に考える」をベースに適切なタイミングを見極めてくれます。

手術は信頼関係が築けてから

「白内障=手術」とは考えず、まずは患者さんと何度か話し合って、信頼関係を築いてから白内障手術の適応を考えます。適応しても、手術に抵抗がある方もいるので、一人ひとりの症状や程度、日常生活で感じる不便さ、生活スタイルなどを検討し、安易に手術を勧めることはしないように心掛けているそうです。

先進医療認定施設

日本眼科学会認定専門医が2名在籍する先進医療認定施設ですから、皆さんが安心して高い水準の手術が受けられます。

Google maps

公式ホームページはこちら

 

いかがでしたか?今回は大阪市内の、中央区、住吉区、東成区、大正区、そして西成区のおすすめ眼科医院をご紹介しました。是非安心して任せられる医院を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 守山市の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  2. 【2020年】明石の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院5選!

  3. 西宮北口駅周辺の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  4. 栃木の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  5. 茨城の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  6. 【2020年】姫路の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院5選!