奈良の白内障手術おすすめ眼科医院

白内障とは、ある程度の年齢になると水晶体が白く濁ってくる病気で、白内障手術は年間約120万件も行われています。ですので、誰もが経験する病気と言えるものですが、だからと言ってどこの眼科医院でも良いという訳にはいきません!どうしても大切な目の事。各医院の実績はもちろん、設備のこと、費用のこと、手術後のこと、しっかりと自身が納得した上で手術をお願いしたいものです。そこで今回は、奈良県で白内障手術の症例実績が多く、その他の点でも安心して受診できる眼科医院をおすすめ順にご紹介します。是非、白内障手術を検討する際の参考にしてみてください。※各掲載医院の情報は2020年12月時点のものです。

奈良県で白内障手術が得意な眼科医院

かつらぎ眼科クリニック|奈良県生駒市

基本情報

近鉄奈良線「生駒」駅下車北へ徒歩約1分、ベルテラス生駒4F。奈良県生駒市北新町の「かつらぎ眼科クリニック」は、「質の高い最新の医療の提供」と「眼科医療を通じて地域貢献」を基本理念に、奈良の基幹病院と同レベルの眼科医療機器を揃え、クリーン度の高い手術室で日帰り白内障手術などに対応してくれます。

おすすめポイント

白内障日帰り手術での3つの強み

・安心、安全への取り組みを徹底しています
・白内障手術の経験が豊富です
・患者さん一人ひとりへ柔軟な対応ができます

白内障の可能性がある症状/h4>

・眼がかすむ ・視力が低下してきた ・物が二重に見えてきた
・光が特に眩しく感じる ・うす暗い場所では見えにくい
以上の症状に当てはまる方は一度白内障の検診を受けた方が良いでしょう。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの見え方の違い

眼内レンズはピントを合わせる調整力がないので、単焦点の場合はピントの合う一定の距離のみハッキリと見えます。多焦点の場合は手元から遠方まで全て見えますが、全体的にピントが少し甘くなっているので、眼鏡をかけた方が楽に見える場合があります。

Google maps

公式ホームページはこちら

石崎眼科医院|奈良県奈良市

基本情報

近鉄奈良線「近鉄奈良」駅4番出口より南へ徒歩1分。奈良市小西町の「石崎眼科医院」には、100年以上、奈良市周辺の皆さんの眼の健康を診てきた自負があります。平成26年から継承した現院長は、白内障・硝子体手術の日帰り手術などに力を入れ、レベルの高い治療を提供できます。

おすすめポイント

日帰りで白内障・硝子体手術

経験豊富な眼科医が最新の検査機器や手術機器を活用して、白内障・硝子体手術を安心・安全に行えます。手術の際には、看護師と麻酔科医が付き添って、異変が起こらないか術前・術後を観察しています。

最新の検査・手術機器を導入

大阪や京都など、他府県まで足を運ばなくても奈良の生活圏内で、最新の検査・手術機器を用いたレベルの高い眼科治療が受けられます。

看護師・視能訓練士が常勤

視能訓練士は、眼科で患者さんの視機能検査(屈折・眼圧・視力・視野・眼底・色覚検査など)や矯正訓練等を行う、国家資格を持つ目のスペシャリストです。当院の常勤する視能訓練士は経験が豊富で、眼鏡販売店での勤務を活かして、親身に耳を傾けてアドバイスを行ってくれます。

Google maps

公式ホームページはこちら

王寺ステーション眼科|奈良県北葛城郡

基本情報

JR、近鉄「王寺」駅南口から東へ、徒歩3分。王寺クリニックスクエア4F。奈良県北葛城郡王寺町の「王寺ステーション眼科」は1993年開院し、2000年に今のビルに引っ越してからは、手術室の一新や手術・検査器械の更新などで、最先端技術の診療・治療レベルを保って、白内障手術などを行っています。

おすすめポイント

保険による白内障手術費用

白内障手術の費用は保険の種類や年齢によって、支払われる金額が変わります。
健康保険では、1割負担の場合で、約20,000円/片眼 2割負担の場合で、約40,000円/片眼 3割負担の場合で、約60,000円/片眼 と、なっていますが、患者さんの眼の状態やその他の理由で変わる場合もあります。
尚、生命保険や医療保険に加入している場合、契約内容や生命保険会社により、手術給付金が支給される場合があります。

優れた多焦点眼内レンズの紹介

・テクニスマルチフォーカルレンズ:遠近共に鮮明でシャープな見え方をし、暗所・明所に関係なく、より鮮明な視力が得られます。また、術後のハロー・グレアも抑えられています。
・テクニスシンフォニー:単焦点と多焦点眼内レンズのメリットを融合させた新タイプの多焦点眼内レンズで、ハロー・グレアの大幅低減に加え、遠方から近方まで中間距離の視力の落ち込みがない自然な見え方が期待できるレンズとなっています。

土曜診療

月・火・水・金・土曜日は、9:00~12:30 15:00~18:30まで、診療にあたってくれます。
尚、土曜日は14:00~17:00までの診療となっています。木曜日は手術日です。
休診日は日曜・祝日のみとなっています。

Google maps

公式ホームページはこちら

まつだ眼科|奈良県大和高田市

基本情報

近鉄大阪線「大和高田」駅北口より約100m、大和高田クリニックモール内。奈良県大和高田市神楽の「まつだ眼科」は平成18年に開院し、日帰り白内障手術の施設を備えた眼科診療所です。結膜炎やものもらいなどの感染症の治療、視力検査、眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、緑内障の精密検査・治療、糖尿病網膜症の眼底検査などが行えます。

おすすめポイント

白内障とは

眼の中の水晶体(レンズ)が濁ってくると、水晶体を通過する光が弱められて、眼の奥の神経に届きにくくなる病気です。自覚症状としては、かすんで見えたり、二重に見えたり、眼鏡をかけても見えにくくなったりします。

日帰り白内障手術について

濁ってしまった水晶体の中身を吸い取って、水晶体の外側の透明な嚢に、半永久的に使用できる眼内レンズを入れる手術を行い、通常10分から20分程度で終了します。

白内障手術のリスク

手術中にはいくつかの合併症の可能性はありますが、もし発症しても対処できるので、大事に至ることは極めて低いといえます。術中に起こる感染症は「眼内炎」と呼ばれ、まぶたにいる菌が眼の中に入って引き起こされます。術後2~3日以内に発症することが多く、発症率は5000人から1万人に1人といわれています。

Google maps

公式ホームページはこちら

近藤眼科|奈良県桜井市

基本情報

近鉄大阪線、JR桜井線「桜井」駅南口より東へ徒歩7分。奈良県桜井市桜井の「近藤眼科」は親子2代にわたって眼科診療を行い、眼科一般診療や白内障手術、硝子体手術、糖尿病網膜症治療、コンタクトレンズ処方などに対応し、早期発見・早期治療に力をいれて、協力病院とも連携しています。

おすすめポイント

白内障には2つのタイプ

・先天性白内障:風疹などの母子感染や代謝異常を引き金として起こります。出生時から乳幼児期に発症するのが大半となっています。
・後天性白内障:最も多いタイプの加齢による加齢白内障以外に、全身疾患(アトピー性皮膚炎、糖尿病など)が起因する白内障、他の眼疾患(緑内障、網膜剝離、ぶどう膜炎など)に伴って発症する併発白内障、ステロイドの長期投与が原因の薬剤性白内障、眼球打撲や水晶体の直接的な損傷による外傷性白内障などがあります。

緑内障治療

眼圧検査や隅角検査、視野検査、眼底検査などを行って、緑内障と診断されると治療が行われます。薬物療法、レーザー療法、手術療法が行われますが、基本的には点眼による薬物療法が行われます。房水流出を促進させる点眼薬や、房水の作成を抑える点眼薬を使って眼圧の降下を試みます。薬物療法で効果が見込めないと医師が判断すると、レーザー療法や手術療法が行われます。

硝子体手術

硝子体カッターとライト、灌流液を入れるための管の3つを挿入するために、白目の部分に3か所の穴を開けます。濁った硝子体は硝子体カッターで切除され、管より吸引されます。その吸引された部分に灌流液・空気・ガス・シリコーンオイルなどが入って硝子体に置き換わります。以後の手術は原因となる網膜硝子体疾患によって異なります。手術内容にもよりますが、1時間から2時間ほどかかります。

Google maps

公式ホームページはこちら

 

いかがでしたか?今回は奈良県内の、生駒市、奈良市、大和高田市、桜井市、そして北葛城郡のおすすめ眼科医院をご紹介しました。是非安心して任せられる医院を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 埼玉の白内障手術おすすめ眼科医院

  2. 長野の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院

  3. 神戸の白内障手術おすすめ眼科医院

  4. 福島駅周辺の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  5. 【2020年】埼玉の根管治療を専門とするおすすめ歯科医院5選

  6. 【2020年】鹿児島で根管治療を専門とするおすすめ歯医者さん5選!