名古屋の白内障手術おすすめ眼科医院

白内障とは、ある程度の年齢になると水晶体が白く濁ってくる病気で、白内障手術は年間約120万件も行われています。ですので、誰もが経験する病気と言えるものですが、だからと言ってどこの眼科医院でも良いという訳にはいきません!どうしても大切な目の事。各医院の実績はもちろん、設備のこと、費用のこと、手術後のこと、しっかりと自身が納得した上で手術をお願いしたいものです。そこで今回は、名古屋で白内障手術の症例実績が多く、その他の点でも安心して受診できる眼科医院をおすすめ順にご紹介します。是非、白内障手術を検討する際の参考にしてみてください。※各掲載医院の情報は2020年12月時点のものです。

名古屋で白内障手術が得意な眼科医院

セントラル アイ クリニック|名古屋市中村区

基本情報

JR「名古屋」駅から東へ徒歩5分、地下鉄9番出口、桜通豊田ビル14F。名古屋市中村区名駅の「セントラル アイ クリニック」の医師は、全て日本眼科学会認定の専門医ですから、安心して白内障などの専門的治療が受けられます。最新医学水準の診療や治療が受けられるクリニックとして、厚労省大臣の認証を受けた医療機関ですから、生命保険や医療保険などの高度先進医療特約が使えるようになっています。

おすすめポイント

白内障の原因

水晶体を構成しているクリスタリンが変性して、黄白色あるいは白色に着色するなどして、45歳以上の年齢で発症することが多いのですが、紫外線による暴露も白内障を進行させます。年齢的な老化以外では、先天性、糖尿病などの代謝性、ステロイド、内分泌疾患、放射線、外傷なども原因となります。

通常は保険で手術

白内障の治療には手術が唯一の方法とされています。超音波乳化吸引術で行われ、水晶体の核を破砕して中身を吸引し、健康保険では単焦点眼内レンズが挿入されます。

自費診療で先進医療

遠近共に見える多焦点眼内レンズ挿入術は先進医療となっており、術前検査や術後検査は保険診療で行えますが、手術当日は自費診療となります。医療保険などで先進医療特約に入っていれば、自費の部分を全額保険金で賄うことができます。

Google maps

公式ホームページはこちら

いりなか眼科|名古屋市昭和区

基本情報

地下鉄鶴舞線「いりなか」駅2番出口すぐ、飯田街道沿い。名古屋市昭和区隼人町の「いりなか眼科」は、白内障や緑内障などの一般眼科治療やドライアイ外来、オルソケラトロジー、コンタクトレンズ対応など、眼の総合クリニックとして、いろんな症状で悩む皆さんの診察を行ってくれます。

おすすめポイント

日帰りで白内障手術

入院せずに白内障手術が受けられ、手術当日に帰宅できます。一日で手術が終わるから、身体的な負担や時間的拘束を最小限に留めることができます。

手術への不安を解消

手術を受ける時に少なからず恐怖心を持つのは極当たり前のことです。経験豊富な院長が直接、患者さんの理解を得るまでしっかり丁寧に説明してもらえ、納得してから手術に向かえます。手術にあたっては、強角膜切開という感染症などになり難い、こだわりの手術方法で患者さんの期待に応えてくれます。

多焦点眼内レンズで眼鏡いらず

一般的な白内障手術では単焦点眼内レンズが選択され、遠近のどちらかにだけ焦点が合うレンズですが、自費診療なら多焦点眼内レンズを選ぶことができます。この多焦点眼内レンズなら手元のスマホも、遠くの景色もハッキリ見ることができるので、日常生活を眼鏡無しで過ごすことも可能になっています。

Google maps

公式ホームページはこちら

眼科杉田病院|名古屋市中区

基本情報

地下鉄名城線「矢場町」駅1番出口から久屋大通を北へ、瓦通の一つ南の通り角、徒歩3分。名古屋市中区栄の「眼科杉田病院」は開院100年を過ぎ、9階建て新病棟に最新の医療機器・設備を備えて、白内障や緑内障などの難手術に年間7,000件以上、携わっています。

おすすめポイント

入院による白内障手術がおススメの方

遠方からで翌日に通院が困難な方や、通常の手術方法では手術ができない可能性があると医師から告げられた方、また白内障以外にも眼の病気がある方には、入院による白内障手術が勧められます。

日帰りによる白内障手術がおススメの方

手術翌日に受診が可能な方や超音波白内障手術が対象の方、手術当日に異常があった場合に、当院への来院が可能な方には、日帰り白内障手術がおススメです。

多くの注意点もあります

多焦点眼内レンズは、眼の状態により勧められない場合もあります。家族の方ともよく検討し、眼の状態やライフスタイルに合った眼内レンズを選ぶようにしましょう。後嚢破損のために予定された眼内レンズを入れられない場合や、レンズの挿入自体ができないこともあります。また、手術後は光の通りが良くなるので、まぶしく感じたり、充血を起こすこともあります。術後1~2週間は休養が必要です。

Google maps

公式ホームページはこちら

名古屋アイクリニック|名古屋市熱田区

基本情報

JR・名鉄「金山総合」駅東口から出て正面すぐ、名鉄金山第一ビル3F。名古屋市熱田区波寄町の「名古屋アイクリニック」は2009年より、多焦点眼内レンズを用いた最先端白内障手術で、厚労省より「先進医療実施医療機関」として承認されています。また眼科手術を受けた医療関係者数が、2020年11月現在で医師:267名、看護師:328名に達し、その信頼の高さが証明されています。

おすすめポイント

豊富な手術実績

白内障手術では2020年11月現在、30年間で30,000例以上、多焦点眼内レンズで、1919眼の豊富な実績があり、医療関係者も当院での手術を希望するなど、深く信頼されています。

白内障手術はレンズ選択と度数設定が命!

眼内レンズは一度入れたら30年以上劣化しないといわれています。だからこそ、高性能な眼内レンズを豊富に取り揃えて、じっくり話を聞いたうえで、患者さんのライフスタイルに合った最適な度数を選択してくれます。

同じ費用で、より高性能な単焦点眼内レンズ!

乱視矯正が可能なトーリック眼内レンズや色合いがより自然に近い着色眼内レンズ、夜の見え方の質が高いと評判の非球面眼内レンズなど、高性能で進化した単焦点眼内レンズが提供されます。

Google maps

公式ホームページはこちら

田辺眼科クリニック|名古屋市昭和区

基本情報

中央本線「鶴舞」駅より3号線空港線を南へ高辻交差点の南、名古屋市昭和区円上町の「田辺眼科クリニック」は平成16年開院し、これまで30,000人の患者さんに来院いただき、様々な眼の病気から白内障の日帰り手術まで、熟練したスタッフが最新の検査機器を駆使して、対応に当たっています。

おすすめポイント

最も誇れるのは「人財」

技術面では病院と同じレベルの診断、手術ができる設備を整え、サービス面ではホテル並みの接遇ができるコンシェルジュが出迎え、国家資格を持つ視能訓練士のスタッフが検査を行います。また手術では経験豊富な医師と看護師が最高のチーム医療サービスを約束してくれます。

日帰り白内障手術

意識消失を伴わない局所麻酔のもと、15~20分程度で行われる安全性の高い手術です。濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(「超音波水晶体乳化吸引術」)、人工のレンズ(眼内レンズ)を入れる方法です。入院の必要はなく、その日に帰宅して、その後は通院で経過診察します。

見やすい眼内レンズを採用

全ての症例に小切開で挿入できる、非球面の着色アクリル単焦点眼内レンズを採用しています。自然な視機能の維持に寄与し、光の乱反射によるグレアなどの発生を少なくしています。

Google maps

公式ホームページはこちら

 

いかがでしたか?今回は名古屋市内の中村区、昭和区、中区、そして熱田区のおすすめ眼科医院をご紹介しました。是非安心して任せられる医院を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 京都市内の白内障手術おすすめ眼科医院

  2. 秋田の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院

  3. 徳島の白内障手術おすすめ眼科医院

  4. 神戸の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい4歯科医院!

  5. 山梨の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  6. 【2020年】金沢の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院4選!