鹿児島の白内障手術おすすめ眼科医院

白内障とは、ある程度の年齢になると水晶体が白く濁ってくる病気で、白内障手術は年間約120万件も行われています。ですので、誰もが経験する病気と言えるものですが、だからと言ってどこの眼科医院でも良いという訳にはいきません!どうしても大切な目の事。各医院の実績はもちろん、設備のこと、費用のこと、手術後のこと、しっかりと自身が納得した上で手術をお願いしたいものです。そこで今回は、鹿児島県内で白内障手術の症例実績が多く、その他の点でも安心して受診できる眼科医院をおすすめ順にご紹介します。是非、白内障手術を検討する際の参考にしてみてください。※各掲載医院の情報は2021年1月時点のものです。

鹿児島県で白内障手術が得意な眼科医院

坂元眼科|鹿児島県鹿児島市

基本情報

市電「二中通」電停下車、ファミリーマートの隣。坂元内科・眼科ビル3F。鹿児島市下荒田の「坂元眼科」は平成15年に開院し、糖尿病を内科的アプローチした経験を活かし、糖尿病網膜症や白内障手術を専門にしています。難治症例を含む5,000件以上の手術経験の上に、日帰り白内障手術を中心に眼科疾患全般に対応ができます。

おすすめポイント

日帰り白内障手術に対応

切開創が小さく、入院の必要がないので、身体面でも生活面でも負担の少ないのが大きなメリットになっています。但し、全身の状態などにより日帰り手術が不可能な場合もあるので、事前検査の上、日帰り手術の可否が判断されます。尚、術後の検査などで、手術後1週間は頻繁に来院の必要があるので、遠方の方には宿泊可能な入院施設を紹介することもできます。

白内障手術後のケア

術後早期の合併症としては、2,000~5,000人に1人の割合ですが、細菌性眼内炎に注意が必要です。術後3~7日頃に急に見にくくなり、強い痛みやひどい充血が生じた場合は、早期に医療機関を受診する必要があります。感染予防としては、術後ゴーグルの使用がおススメです。

電子カルテの導入

電子カルテの導入により、情報共有がスムーズに行われます。ネットワークの接続環境の整備により、院内はもちろん、往診時などでもPCやタブレットからリアルタイムに情報を共有・閲覧できるので、診療記録の素早い伝達が可能です。また、カルテ画面を見せながら診察することで、丁寧な説明が行え、患者さんとのコミュニケーションが円滑に運べます。また、事務作業の効率化により、患者さん対応に時間を割くことができます。

Google maps

公式ホームページはこちら

田中眼科|鹿児島県姶良市

基本情報

JR日豊本線「帖佐」駅より西へ、帖佐駅前郵便局の北。姶良市宮島町の「田中眼科」は昭和59年に開院し、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が受けられる厚労省承認の「先進医療認定施設」となっています。大学病院クラスの最先端医療設備を整え、迅速かつ的確な診断で、質の高い医療を提供してくれます。

おすすめポイント

厚労省承認の先進医療認定施設

平成27年、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」で、厚労省の先進医療実施医療機関として承認を受けています。「先進医療」とは、一般保険診療で認められた医療の水準を超えた、最新の先端技術と厚労省が認めた医療機関にのみ実施できる医療となっています。

日帰り手術をはじめ、入院による手術にも対応

・白内障手術(単焦点眼内レンズ・多焦点眼内レンズ)
・網膜硝子体手術(網膜剝離・糖尿病網膜症など)
・緑内障手術
・加齢黄斑変性症(抗VEGF抗体による薬物治療)など

3焦点眼内レンズ「ファインビジョン」の採用

「ファインビジョン」は、PhysIOL社(ベルギー)から発売された、遠見と近見以外に、中間距離にも焦点が合う3焦点型の多焦点眼内レンズです。ブルーライトと紫外線をカットする着色レンズで、グレア、ハローもかなり軽減されています。角膜乱視を矯正できるトーリックタイプがおススメです。

Google maps

公式ホームページはこちら

こがひさお眼科クリニック|鹿児島県薩摩川内市

基本情報

JR鹿児島本線肥薩おれんじ鉄道「川内」駅より車で約15分、267号線沿い、セブンプラザ川内本店向かい。いわさき交通「育英小入口」バス停より徒歩1分。薩摩川内市の「こがひさお眼科クリニック」は平成25年に開院し、九州大学医学部付属病院や福岡県下の基幹病院で、白内障と網膜硝子体疾患の診断・治療を専門とし、開業後も九州・山口の施設などで年間1,500例を超える手術を行っています。

おすすめポイント

患者さん第一の医療

患者さんの立場に寄り添い、誠実で真心のこもった医療を行い、診療にあたっては分かり易く十分な説明を心掛けています。透明性の高い医療で安心と信頼が得られるよう努力しています。

最適・最善の医療

最新設備と確かな技術で正確な診断、適切な治療が行われ、安全管理も徹底されています。また、常に最先端の知識・技術の修得に努めています。

地域医療に貢献

高い倫理観と強い責任感を持って、地域に根差した病診連携に取り組んでいます。眼科専門医として、眼科医療を通じた地域社会の発展に貢献しています。

Google maps

公式ホームページはこちら

渡辺眼科クリニック|鹿児島県霧島市

基本情報

JR日豊本線「国分」駅より南東へ徒歩5分。霧島市国分中央の「渡辺眼科クリニック」は昭和62年に開院し、「日進月歩の最新の医療を学び、患者様に最良の医療をお届けし、温かいふれあいで地域の方に信頼され、選んで戴けるクリニック作りを目指す」をモットーに、白内障や緑内障、網膜硝子体疾患から屈折異常、まぶた・眼表面の疾患など、その他眼科疾患全般に対応ができます。

おすすめポイント

高度な機器と専門性の高い手術

現在、白内障手術をはじめ、網膜硝子体・眼瞼・涙道関係など眼科分野のいろんな手術を行っています。中でも、平成29年に導入した、Zeiss社製の手術顕微鏡とAlcon社製の白内障・硝子体手術器械のコンステレーション®ビジョンシステムにより、更に安定した手術が行えるようになりました。

難症例の白内障にも対応

成熟白内障やチン小帯脆弱例などの難しい白内障においても、確かな技術で誠実に対応してくれます。

大学等医療機関と密接に連携

連携医療機関、共同利用登録医に指定されているので、全身麻酔での手術が必要など、当院での対応がかなわない場合は、鹿児島大学病院や鹿児島市立病院としっかり連携を取って紹介ができます。

Google maps

公式ホームページはこちら

井後眼科|鹿児島県鹿児島市

基本情報

市役所南西、25号線鹿児島蒲生線、教育総合センター前交差点近く。鹿児島市山下町の「井後眼科」は昭和38年開院し、昭和55年にあの明治維新の偉人“小松帯刀”の上屋敷跡に移転しました。薩摩の歴史と緑の文化ゾーンで、生命の尊さへの敬意を胸に高水準の医療を提供し、白内障をはじめ眼科の幅広い疾患に対応しています。

おすすめポイント

2台の最先端白内障手術機器を併用

手術中の眼内圧をより精密にコントロールし、合併症リスクを低減できる「センチュリオン・ビジョンシステム」と共に、白内障と硝子体疾患の同時手術に適した「コンステレーション・ビジョンシステム」をも有しています。これにより、水晶体核の硬化が進行した白内障や、27ゲージによる極小切開の白内障・硝子体疾患の同時手術が安全かつ適切に行えます。

2019年手術実績

白内障手術-1,365件、眼瞼下垂-321件、後発白内障-160件、硝子体注射-156件、角膜・強膜・結膜異物・結石除去-96件、網膜光凝固術-72件、翼状片-45件、その他、合計-2,392件と、年々、手術実績を上げています。

土曜診療

月~土曜まで、8:40~13:00 14:30~17:30 まで診療にあたってくれます。休診日:日曜・祝日、但し、急患の場合は受付が可能です。

Google maps

公式ホームページはこちら

 

いかがでしたか?今回は鹿児島県内、鹿児島市、姶良市、薩摩川内市、そして霧島市のおすすめ眼科医院をご紹介しました。是非安心して任せられる医院を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 【2020年】大阪の痛みの少ない胃・大腸カメラ内視鏡検査おすすめ医院5選!

  2. 芦屋市の矯正歯科!おすすめしたい5矯正歯科医院!

  3. 沖縄の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院

  4. 浅草橋の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  5. 【2020年】鹿児島の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院5選!

  6. 門真の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい4歯科医院!