【2020年】広島の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院5選!

広島で人気の、胃カメラ検査実施クリニックをご紹介します。胃カメラ検査というと、どうしても苦手!という方も多いと思いますが、広島にはそんな苦手な方にも嬉しい、痛みを極力抑えた方法で検査してくれるクリニックがあります!最新機器を用いるのはもちろん、鎮静剤などを併用して、アッと間に終わってしまうほどです!さらに、広島市を中心に、三原市や福島市にもおすすめのクリニックがありますので、ご自身のご都合に合わせて選んでみてください!※各掲載医院の情報は2020年06月時点のものです。

おちうみ内科消化器クリニック

基本情報

広島・翠3丁目3番交差点東、県立広島皆実高グラウンド南の「おちうみ内科消化器クリニック」は、苦痛の少ない内視鏡検査(胃カメラ・大腸ファイバー)を提供してくれます。希望される患者さんには鎮静剤を投与することで、無意識の状態で検査が行え、目覚めた時には内視鏡検査が終わっています。

おすすめポイント

クリーンコロンの考え方を採用

クリーンコロンとは腸内の腺腫(ポリープ)やがんを全て取り除くことをいいます。他の医院ではポリープを発見しても、良性の場合や小さい場合は切除しないことがありますが、「おちうみ内科消化器クリニック」では全てのポリープやがんを取り除き、再発率や将来の検査回数を少なくすることに力を入れています。

NBI内視鏡システムで見え難い病変を診断・治療

NBI(Narrow Band Imaging)は狭帯域光観察といって、食道や胃、大腸に特殊な青い光を当てることで、血管を浮き立たせて病気を見つけ易くする仕組みです。これにより普段、人の目では見え難い病変をくっきり表示させたり、特殊な光を当てることで、どのような病変かを推測できます。

ガイドラインに基づいた内視鏡の洗浄・管理の徹底

内視鏡は人間の体に入るものですから、病原微生物によって汚染され、次の患者さんに感染するリスクが付き纏います。「おちうみ内科消化器クリニック」では感染リスクを最小限に抑えるため、日本内視鏡学会で定められたガイドラインに基づき、内視鏡洗浄機による洗浄・殺菌を徹底的におこなっています。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

やまぐち内科クリニック

基本情報

広島電鉄宇品線「県病院前」電停より東へ徒歩1分、大木スクール隣。広島の「やまぐち内科クリニック」は、15,000例以上の豊富な経験を持つ内視鏡専門医が、最新の内視鏡システムと適切な鎮静剤使用によって、苦痛が少なく痛みのない内視鏡検査を提供してくれます。

おすすめポイント

専用トイレ付個室の完備

大腸内視鏡検査では、前日からの食事調整や下剤の服用に加えて、当日も多量の洗腸剤を飲んで、便を全て出す為に何度もトイレに通う必要があります。そのため、患者さんのプライバシーに最大限配慮した、トイレ付きの個室が3室も用意されています。

軸保持短縮法による痛みの軽減

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)には、オリンパス社製の径11㎜強の細くて柔らかい内視鏡が使われています。その上、軸保持短縮法という痛みが少ない方法で、習熟した内視鏡専門医が検査に当たってくれるので、安心ですね。

選べる胃内視鏡検査方法

経口内視鏡は径が9㎜弱で、鎮静剤を用いて眠っている間に検査が終わり、苦痛は殆どありません。経鼻内視鏡よりも画質や操作性に勝っているので、確実な診察ができます。経鼻内視鏡は径が5㎜強で、咽頭反射が殆ど起こりません。鎮静剤を使わないので検査後、直ぐ帰宅ができます。患者さんの都合に合わせて、2つの選択肢から検査方法を選ぶことができます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

青葉台クリニック

基本情報

中国バス「青葉台1丁目」バス停より徒歩3分、春日池公園から東500m、広島銀行福山春日支店北側。広島・福山の「青葉台クリニック」は、地域の皆さんが「健康に長生き」できるよう、地域のかかりつけ医として、内視鏡検査などの医療を提供してくれます。

おすすめポイント

胃内視鏡検査が得意

院長は胃と食道がんを専門にしていたので、胃内視鏡検査を得意としています。経鼻内視鏡や鎮静剤を使った経口内視鏡など、患者さんに負担の少ない検査を行ってくれます。

早期発見・早期治療が使命

がん診療に携わる医師は一人でも多く、がんを早期発見して、早期治療に結び付けることが基本的使命だと思っています。地域のかかりつけ医として幅広い症状に対応し、関係医療機関とも連携をとっています。

乳がん検診に力

女性技師によるマンモグラフィー撮影の検診を中心に、年齢や相談内容に応じて乳腺エコー検査の追加が行えます。マンモグラフィーには専用の待合室が設けられ、他の方に気兼ねなく待つことができます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

武井胃腸科内科

基本情報

JR「三原」駅より芸陽バス(小泉線、幸崎線、宮沖線)にて6分、「宮沖5丁目」バス停下車徒歩約3分、三原テレビ放送の北。広島の「武井胃腸科内科」は。三代80年に渡り地域に密着した医療を心掛け、“胃腸科”内科を標榜して、胃腸の病気、特に内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を専門として、どんな相談にも応えられる総合病院を目指しています。

おすすめポイント

高性能の内視鏡システムを採用

粘膜表面の血管を強調して表示して、がんの早期発見をサポートするオリンパス社製の独自技術“狭域帯光観察(NBI)”だから、遠くまで明るく映し出せます。

優れた胃内視鏡スコープ

挿入経路(口から/鼻から)や検査目的により4本の胃内視鏡スコープを使い分けています。径が5.4㎜の経鼻挿入可能なスコープ、径7.9㎜の細径の経口挿入スコープ、径は10.8㎜ですが約90倍の光学ズーム機能付きの精密検査用スコープなどを使い分けています。

見逃しの少ない大腸内視鏡スコープ

従来のハイビジョン画質を上回る“HQ画質”、最大80倍拡大機能、170°広角視野を持つ大腸カメラが、高い精度で見逃しの少ない検査を行ってくれます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

河村内科消化器クリニック

基本情報

紙屋町西電停、本通電停から徒歩約5分、原爆ドーム前電停から南へ徒歩約2分。広島の「河村内科消化器クリニック」は、医院の2階全てを内視鏡検査フロアーとしているので、ゆったりと落ち着いて検査が受けられます。また、プライバシーに配慮した設計ですから、個室前処置室から他の人と顔を合わせることなく、検査室まで行けるようになっています。

おすすめポイント

日本消化器内視鏡学会認定の指導施設

認定指導施設として、前処置室はベッドやテレビ、専用トイレが備えられた12室の個室になっています。ウイルス感染を防ぐために、強力な過酢酸を用いた消毒洗浄器によって、内視鏡の完全洗浄を行っています。

痛みの少ない内視鏡検査

検査時には鎮静剤を用いて、痛みの少ない検査ができるので、患者さんの中には眠ってしまう方もいるほどです。検査時間も胃の内視鏡検査で5~10分、大腸内視鏡検査なら10~15分程度で済みます。検査終了後は、リカバリールームで1~2時間ほど休むことができます。

実績が示す検査件数

2019年の検査実績として、上部消化管内視鏡検査件数が8,000件弱、下部消化管内視鏡検査件数が約2,600件と、グラフでは読み取れました。他院と比べても抜きんでた実績を表していますね。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

 

いかがでしたか?今回ご紹介した広島県内のクリニックは、胃カメラ検査で評判のクリニックばかりです!ご都合に合わせて選んでみてくださいね!その他の主要エリアの特集記事も併せてチェックしてみてください!


関連記事

  1. 箕面市の眼科医さん!おすすめしたい5医院!

  2. 【2020年】名古屋で根管治療を専門とするおすすめ歯科医院5選!

  3. 岡山の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  4. 代々木駅周辺の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  5. 滋賀の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  6. 【2020年】京都の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院5選!