青森の白内障手術おすすめ眼科医院

白内障とは、ある程度の年齢になると水晶体が白く濁ってくる病気で、白内障手術は年間約120万件も行われています。ですので、誰もが経験する病気と言えるものですが、だからと言ってどこの眼科医院でも良いという訳にはいきません!どうしても大切な目の事。各医院の実績はもちろん、設備のこと、費用のこと、手術後のこと、しっかりと自身が納得した上で手術をお願いしたいものです。そこで今回は、青森県内で白内障手術の症例実績が多く、その他の点でも安心して受診できる眼科医院をおすすめ順にご紹介します。是非、白内障手術を検討する際の参考にしてみてください。※各掲載医院の情報は2021年1月時点のものです。

青森県で白内障手術が得意な眼科医院

ナンブクリニック|青森県三戸郡

基本情報

国道4号線沿い、「南部分庁舎前」バス停下車、保健福祉センター北側。三戸郡南部町の「ナンブクリニック」は平成15年開院し、“地域住民に信頼されるクリニック作りを目指し、患者さんとの心のふれあいを大切に”を基本理念として、眼科一般診療の他に、白内障手術や硝子体手術、緑内障手術などを行っています。

おすすめポイント

単焦点眼内レンズで白内障手術

極度に進行した白内障では、通常行われている超音波水晶体乳化吸引術では対応できないほど、眼球や体への負担が大きくなります。“白内障かな?”と思ったら、自己判断することなく、早めに眼科専門医の診察を受けることがおススメです。尚、当院では、保険が適用され、一般的に普及している単焦点眼内レンズを用いた白内障手術が行われています。

慢性緑内障の唯一の自覚症状

慢性の緑内障では、痛みや充血などの症状が全くなく、視力の低下も最終段階まで現れないので、治療開始が遅れることが多くあります。唯一の自覚症状は、「視野の一部に見えない所ができる」ですが、普段は二つの眼で互いの視野をカバーするので、意外に気付かないのです。しかし、緑内障は放置すれば少しずつ進行し、最悪失明に至るので、早期発見・早期治療が大変重要なのです。

糖尿病といわれたら眼科も受診

一般的に糖尿病を発症後、10年ほどで糖尿病網膜症が発症するといわれます。血流が悪くなった結果、網膜の血管が詰まったり、出血を起こし、放っておけば失明に至ります。糖尿病治療の目標は合併症の予防にあるので、基本的には糖尿病といわれたら眼科専門医の診察を受けることがおススメです。

Google maps

公式ホームページはこちら

伊藤眼科|青森県青森市

基本情報

JR奥羽本線「弘前」駅より南へ、市営青葉団地西隣。弘南バス「中央松森町」停留所下車徒歩2分。弘前市南大町の「伊藤眼科」は昭和50年開院し、リニューアルオープンを機に、優しさをモットーにした地域眼科医療により一層励み、白内障手術をはじめとして、患者さん目線に立った分かり易く安全な医療に努めて行くそうです。

おすすめポイント

白内障の治療に対応

最高峰のクリーン装置を備えた清潔な空間の中で、最新医療機器を用いた白内障手術が行えます。

充実した検査設備

緑内障や加齢黄斑変性症の早期発見のための「OCT」、白内障手術の眼内レンズの度数決定に必要な眼軸長を正確に測れる「IOLマスター」など、多数の最新眼科検査機器が揃えられています。

入院設備は準備中

2021年現在、入院設備は準備中とのことですから、白内障手術は日帰り手術での対応になっているようです。

Google maps

公式ホームページはこちら

鹿内眼科医院|青森県八戸市

基本情報

JR八戸線「八戸」駅より東へ104号線しらはぎライン沿い。八戸市根城馬場頭の「鹿内眼科医院」は平成27年開院し、八戸地域の皆さんの眼の健康を通して、親しまれ信頼される眼科医院を目指しています。一般眼科診療に加えて、日帰り白内障手術やレーザー治療に対応できます。

おすすめポイント

白内障手術について

日帰り手術で行える白内障手術には予約が必要となり、来院時又は診察時に申し込みとなります。両眼手術の場合は、2週間以上の期間を開けて片眼ずつ行うことになります。通常、手術時間は15~20分程度ですが、症例により時間がかかる場合もあります。

最新検査機器の導入

・眼底カメラ付き光干渉断層計:網膜の形態変化を観察し、3次元的に病態を捉えられるので、網膜疾患や緑内障の診断・経過観察に有用です。
・オートレフケラト/トノメータ:屈折・角膜曲率半径・眼圧の3つの検査をこれ1台で行えます。
これらの機器により、短時間で測定・解析ができることで、患者さんの負担を軽減しています。

電子カルテを導入

電子カルテの導入により一貫した情報管理が行え、患者さんの待ち時間の軽減や、診察時に画像を用いた丁寧な説明が可能になっています。

Google maps

公式ホームページはこちら

田村眼科|青森県黒石市

基本情報

弘南鉄道弘南線「黒石」駅より東へ、富田通りJAの向かい。黒石市一番町の「田村眼科」は昭和47年に内町で「田村外科眼科医院」として開設し、平成14年に現在地に新築移転しました。眼科一般診療とコンタクトレンズ診療に加え、白内障手術では日帰りと1泊入院(許可病床数10床)のどちらにも対応してくれます。

おすすめポイント

入院までの注意

・入院3日前から抗生物質の点眼を1日4回行う事。
・普段タバコを吸っていると痰が出て、咳により手術に支障の出る場合があるので、手術1週間前から退院まで、禁煙です。
・入院前日に入浴しておくこと。

手術当日の注意

・手術は入院当日の午後からですが、朝食を8時30分までに済ませ、その後は絶食。
・手術室にはパンツと手術着で入りますが、冬季は半袖シャツと毛羽立たないズボン下着用が可能です。
・手術中、顔色・爪の色を観察するので、化粧・マニキュア・ペディキュアは不可。
・指輪、ネックレスなどのアクセサリー類、義歯、かつら等は手術前に外しておく事。

退院後の行動の目安

仕事:家事は退院直後からOK。屋内の軽作業は1週間後から。農作業は1ケ月後から。
お風呂:シャワーは退院直後からOK。退院5日間は風呂に浸からないこと。
洗顔:顔は蒸しタオルで拭くだけ。普通に洗顔できるのは退院1ケ月後から。
洗髪:退院直後から洗髪してもらうのはOKですが、自分でするのは退院1週間後から。
飲酒:術後1週間は控えること。
たばこ:退院直後からOK。
車の運転:退院してすぐには運転できません。先生の指示に従うこと。

Google maps

公式ホームページはこちら

青森眼科クリニック|青森県青森市

基本情報

青い森鉄道線「野内」駅前より南西へ、奥州街道259号線市営バス「八重田浄化センター前」バス停より南西へ徒歩2分、生活協同組合八重田店の隣。青森市東造道の「青森眼科クリニック」は1978年「伊藤眼科クリニック」として開設、2019年に「青森眼科クリニック」に名称変更し、最新の外来医療設備と経験豊富なスタッフ約30名と共、白内障手術のみならず、緑内障・硝子体手術・前眼部手術・涙道手術など、幅広い疾患に対応できます。

おすすめポイント

取り扱い眼内レンズの種類

・単焦点眼内レンズ:一つの距離にくっきりとピントを合わせられますが、それ以外の距離では眼鏡でピントを合わせることになります。
・多焦点眼内レンズ:光を遠方と近方に振り分けて、二つの距離にピントが合うようになっていますが、見え方のシャープさは単焦点のものより劣ります。暗い処でライトを見ると、光の輪や眩しさを感じ、夜間の車の運転には注意が必要です。
・乱視矯正眼内レンズ:単焦点でも多焦点レンズでも乱視矯正が行えます。最新システム「カリスト」の導入により、誤差の少ない乱視矯正眼内レンズ挿入手術が可能になっています。
・アドオン(add on)レンズ:既に白内障手術を受け、再度追加の矯正を行うために設計され、海外から輸入される眼内レンズだから、保険適応外のため全額自己負担になります。

入院設備も完備

県内でも数少ない眼科入院施設を備えた有床診療所として、日帰りによる手術対応以外に、遠方からの患者さんやご家族の宿泊も可能で、手術を安心して受けられる体制・設備が整っています。病室は個室、2人部屋、6人部屋、洗面所・冷蔵庫が完備され、家族待合室でくつろぐこともできます。

通常の白内障手術費(片眼)

・日帰り手術:1割負担-約17,000円 3割負担-約51,000円
・1泊2日入院:1割負担-約20,000円 3割負担-約60,000円

Google maps

公式ホームページはこちら

 

いかがでしたか?今回は青森県内、青森市、八戸市、黒石市、そして三戸郡のおすすめ眼科医院をご紹介しました。是非安心して任せられる医院を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 【2020年】横浜の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院5選!

  2. 岩手の白内障手術おすすめ眼科医院

  3. 京都市内の白内障手術おすすめ眼科医院

  4. 大分の白内障手術おすすめ眼科医院

  5. 尼崎の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  6. 守山市の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!