秋田の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院

ある程度の年齢になると、誰もが一度は経験済なのが胃カメラ検査。なかなか得意の方はいないのではないでしょうか?痛みというよりは、苦痛という方が適しているかもしれませんが、そんな嫌なイメージから、年に一度も受診していない方もいるのでは?!そこで今回は、秋田県内で極力痛みを押さえた胃カメラ検査を行ってくれるクリニックをご紹介。最新機器を用いたり、専門医在籍など、特徴ある医院ばかりです。どんな病気も早期発見、早期治療が基本!そのために避けては通れば胃カメラ検査!是非参考にしてみてください!※各掲載医院の情報は2020年10月時点のものです。

秋田県の苦痛を抑えた胃カメラ検査が得意なクリニック

いとう内科・胃腸内科クリニック

基本情報

JR奥羽本線「秋田」駅より秋田中央交通(イオンモール秋田行き)で「仁井田本町5丁目」停留所下車目の前、ナイス仁井田南店隣。秋田市仁井田本町の「いとう内科・胃腸内科クリニック」は、高血圧、高脂血症、高尿酸血症、糖尿などの一般内科と、専門的な胃腸科、消化器内科の診察を行ってくれます。胃腸検査では胃カメラなどの内視鏡検査を行っています。

おすすめポイント

吐き気を催すことが少ない鼻からの胃カメラ検査の順序

胃の中の泡をなくす液体の薬を飲んで、横になり、左右の鼻から麻酔薬を入れます(5分程度)。喉にスプレーの麻酔を追加し、左を下に横向きになって、直径5㎜の極細内視鏡を鼻から挿入します。5~10分程度で検査は終了し、検査結果が説明されます。鼻の奥の違和感は数時間で改善されます。

検査前後の注意

検査前日の午後9時までに軽めの食事を摂り、以後固形物な摂らないこと。尚、検査当日の水分(水・お茶・スポーツドリンク)の摂取はOKです。当日朝の内服薬は6時頃に服し、糖尿病の薬剤やインスリン製剤は内服しないこと。検査1時間後から飲食は可能ですが、組織検査を行った場合は、検査当日のアルコールは控えて下さい。

がん予防のためにポリープ切除

がんの多くはポリープから発生するので、がん予防のためにもポリープ切除が大切です。ポリープ切除後2週間は、飲酒、激しい運動、旅行は控えましょう。通常の日常生活は問題ありません。ポリープが大きく切除後の出血の危険性が高い場合や、要精密検査の場合はポリープを切除せず、信頼できる高次医療機関を紹介することになる場合があります。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

小野崎医院

基本情報

JR奥羽本線「湯沢」駅より北東へ、長谷寺の向かい。秋田県湯沢市の「小野崎医院」は、「介護療養型医療施設」を併設した「有床診療所」として、安心して通える患者さんに寄り添った親身な医療を心掛けてくれます。検査では苦痛の少ない鼻からの胃カメラ検査や炭酸ガスを用いた大腸カメラを行っています。

おすすめポイント

細くて柔らかい鼻からの胃カメラ

鼻からカメラを入れる「経鼻内視鏡」の導入により、検査中も呼吸ができて、医師との会話もOKです。何よりも、「おえっ!」という嘔吐反射になり難いので、一度、経鼻内視鏡を経験された多くの方が、「次も鼻から」を希望しています。

40歳過ぎたら大腸カメラ

お尻からカメラを挿入することに、いささかの抵抗はあるでしょうが、大腸全体を直接観察できる、大腸がん・ポリープ・炎症疾患などを発見するためには最も有効な検査方法です。大腸がんにかかる割合は40歳代から増加し、50歳代で加速し、高齢になるほど高くなって行きます。

積極的に訪問診療

交通が不便でなかなか外来受診できない方、車椅子がなくて病院に連れて来れない方、受診の際に介助を必要とされる方などには、訪問診療が利用できます。医師が患者さんの自宅などへ出向いて、在宅のまま診察が受けられます。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

さわぐちクリニック

基本情報

JR奥羽本線「横手」駅より西へ、JA秋田厚生連平鹿総合病院の北。秋田県横手市の「さわぐちクリニック」は、地域みんなのかかりつけドクターとして、お腹に関わる病気をはじめ、風邪から生活習慣病まで一般内科の診療を行っています。また、胃カメラでは経鼻内視鏡で苦痛の少ない検査を心掛けてくれます。

おすすめポイント

予約なしで胃カメラも可能

当日の空き状況により、胃カメラの検査を予約なしでも行うことができます。「口からの検査が苦手」な方には、鼻かスコープを挿入する経鼻内視鏡検査で希望に応えてくれます。

高性能内視鏡ビデオスコープシステムの導入

病変の診断精度を高めるため、従来と比べてより高画質化・高性能化を実現したオリンパス社製の内視鏡ビデオスコープシステム「イ―ヴィス・エクセラⅢ」を導入しました。これにより微細ながんなどの病変の早期発見、早期治療をサポートしてくれます。

プライバシーに配慮した完全個室の部屋

大腸内視鏡検査では検査前に下剤を服用する必要があります。頻繁にトイレに行ったり、嘔吐や腹痛で横になることもあるので、トイレ・ベッド付きの完全個室の前処置室が用意されています。他の患者さんの眼を気にすることなく、自宅にいるような気分で下剤も服用でき、自由に横になっていられます。また、検査後横になって休める回復室も完備されています。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

たわらや内科

基本情報

JR奥羽本線「秋田」駅より南へ、楢山明田街区公園の南向かい。秋田市東通の「たわらや内科」は、「安心して診療が受けられる」「寄り添い健康を支える」「患者さんを笑顔で迎える」。そんなクリニックを目指して、胃カメラと大腸カメラによるオーダーメイド内視鏡検査を行ってくれます。

おすすめポイント

患者さんのためのオーダーメイド内視鏡検査

患者さんの年齢や全身状態を考慮して、希望に沿える一人一人に合った内視鏡検査が行えます。経鼻内視鏡の使用以外にも下剤を飲むのがつらい方や、自宅で下剤を飲むことに不安を覚える方など、患者さん一人一人が持ついろんな異なった悩みを解決してくれます。

鎮静下の内視鏡検査

希望者には鎮静剤(眠らせる薬)を使って検査を行うことで、緊張を和らげ軽く眠った状態で比較的楽に検査が受けられます。点滴ルートを確保し、血管内から薬を投与します。投与しても眠くならない場合や途中で目が覚めた場合には追加の薬が投与されますが、投与量が増えると副作用のリスクが上がるので、一定量以上の投与は行えません。

1日で胃・大腸カメラ両方検査が可能

定期的に胃カメラと大腸カメラを受けている方や、検診で胃と大腸の両方で要再検査になった方の、できれば1日で両方の検査を済ませたいという要望に応えてくれています。土曜日以外で、事前に予約すれば、朝9時より処置を進めて夕方には検査を終えることが可能になっています。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

山王胃腸科

基本情報

JR奥羽本線「秋田」駅よりタクシーで8分、バスなら県庁第2庁舎前停留所下車。秋田市山王の「山王胃腸科」は胃カメラ・大腸カメラを用いて、胃がん・大腸がん等消化器疾患の診断治療を中心に50年の歴史を重ね、平成26年には機能強化型在宅療養支援診療所となっています。「お家に一番近い入院病床」である有床診療所ですから、24時間看護師が常駐し病状の観察、療養環境整備などが出来ます。

おすすめポイント

経口内視鏡検査が基本

経口内視鏡による胃カメラ検査の方がより画質がきれいで、的確な診断が下せますが、過去の経口検査で困難を感じた方には、経鼻内視鏡でも対応できます。

病院と自宅の中間に位置する入院病棟

看護師が常駐し毎日医師の回診があります。風邪や腸炎などの自宅療養可能な病気で、高齢や一人暮らしのため自宅療養に不安を感じる方には入院が勧められます。

専門にこだわらない診療

食道・胃・大腸・肝臓・胆のう・膵臓の胃腸内科が専門ですが、一般内科では高血圧、高脂血症、糖尿病、その他生活習慣病なども扱っています。尚、月1回糖尿病専門医による糖尿病外来も開かれています。他に一般外科、肛門外科、予防接種、そして企業健診などの定期健康診断も受け付けています。

Google maps

公式ホームページはこちら

詳細ページはこちら

 

いかがでしたか?今回は秋田市を中心に、湯沢市や横手市のおすすめクリニックをご紹介しました。定期的に受診するのが理想ではありますが、胃カメラ検査は極力苦痛の少ないところで受診できるに越したことはありません!是非安心して任せられる医院を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 芦屋市の矯正歯科!おすすめしたい5矯正歯科医院!

  2. 【2020年】宝塚の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院5選!

  3. 岩手マウスピース矯正インビザラインおススメ歯科医院

  4. 福井のおすすめ小児科クリニック

  5. 滋賀のおすすめ小児科クリニック

  6. 春日野道駅周辺の歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!