愛知の白内障手術おすすめ眼科医院

白内障とは、ある程度の年齢になると水晶体が白く濁ってくる病気で、白内障手術は年間約120万件も行われています。ですので、誰もが経験する病気と言えるものですが、だからと言ってどこの眼科医院でも良いという訳にはいきません!どうしても大切な目の事。各医院の実績はもちろん、設備のこと、費用のこと、手術後のこと、しっかりと自身が納得した上で手術をお願いしたいものです。そこで今回は、愛知県で白内障手術の症例実績が多く、その他の点でも安心して受診できる眼科医院をおすすめ順にご紹介します。是非、白内障手術を検討する際の参考にしてみてください。※各掲載医院の情報は2020年12月時点のものです。

愛知県で白内障手術が得意な眼科医院

馬嶋眼科医院|愛知県尾張旭市

基本情報

名鉄瀬戸線「三郷」駅より北西、城山街道沿い。尾張旭市大久手の「馬嶋眼科医院」は、2017年より新施設に移転して、日帰りによる白内障手術や緑内障の治療・経過観察、オルソケラトロジーなどで、地域の皆さんの眼の健康をサポートしています。

おすすめポイント

多焦点眼内レンズの注意点

術後にハロー(光が伸びて見える)、グレア(光の周辺に輪がかかったように見える)などが起り易く、眩しく感じることがありますが、半年ほどたてばハローグレアは軽減されます。近くで細かい作業をするには、眼鏡をかけた方が見やすい場合があります。乱視の程度や白内障以外の眼の病気や生活スタイルによっては、使用できない方もあります。

オルソケラトロジーで視力矯正

特殊な形状をしたオルソケラトロジーレンズ(ナイトレンズ)を寝ている間装用することで、角膜の形状が正しく矯正されて、朝レンズを外してもその形状が維持されている間は、裸眼で過ごせるという新しい視力矯正方法です。もちろん手術等は一切行いません。

日曜・祝祭日以外は診療

月・火・水・金曜日は、8:45~12:00 16:15~19:00まで、診療。木・土曜日は、8:45~12:00 13:45~16:30まで、診療にあたってくれます。

Google maps

公式ホームページはこちら

堀眼科医院|愛知県刈谷市

基本情報

JR・名鉄「刈谷」駅北口より北東へ徒歩2分、アクアモール沿い。刈谷市相生町の「堀眼科医院」は昭和44年開業以来、地域の皆さんの眼の健康を守り、症状に合わせた最適な治療を提供してきました。白内障や緑内障、網膜硝子体手術での入院も可能で、女性医師による診療もあり、気軽に相談に乗ってもらえます。

おすすめポイント

最先端医療の維持

常に進化し続ける最先端の高度な医療を維持しながら、大学病院並みの治療や検査技術と眼科医療機器・手術設備を整え、最適な診断・治療が行えます。

入院設備も完備

一般病床が9床あり、TV付の病室は冷暖房が完備されています。帰宅が困難な患者さんには入院施設も整えられているので、安心ですね。

土曜診療

通常は、9:00~12:00 16:30~19:30までの診療になっています。ただし、月曜日は午前だけ8:45~11:00、火曜日の午後は13:30~16:30(予約検査)、木曜日の午後は手術に当てられています。土曜日は、9:00~11:30 13:00~16:30(休診あり)となっており、休診日は日曜日と祝日のみです。

Google maps

公式ホームページはこちら

ほしの眼科|愛知県岡崎市

基本情報

愛知環状鉄道「北岡崎」駅から248号線を北へ徒歩約5分、ユニクロ岡崎店の北方50m。岡崎市井田西の「ほしの眼科」は平成元年に開院し、27年に現在地に移転しました。日帰り白内障手術や緑内障手術で、「安心・信頼」の基本理念のもと、地域の皆さんの眼に関する健康をサポートし続けています。

おすすめポイント

日帰り白内障手術の実績

年間600~700件の白内障手術を行っています。術者は院長をはじめ、中京グループの病院から派遣された経験豊富な眼科専門医師があたるので、安心して手術が受けられます。

予約から手術までの流れ

予約により手術日が、およそ2~3ケ月後の金曜日に設定されます。手術日2~4週間前に術前検査が行われ、5~10日前に手術説明会が開かれますので、家族と共に来院のうえ、手術に納得頂いて承諾書にサインすることになります。手術当日は金曜日の午後来院し、手術自体は5~10分で終わり、帰宅となります。

中京グループと連携

中京病院の関連医院として、全面的な協力のもと、年間、日帰り白内障手術を700件以上、眼形成手術、前眼部手術30件を行って、良好な成績を挙げています。

Google maps

公式ホームページはこちら

近藤療院眼科|愛知県江南市

基本情報

名鉄犬山線「江南」駅より北へ車で約5分、最勝寺跡公園の東。江南市勝佐町の「近藤療院眼科」は平成元年開院し、白内障手術を中心にした日帰り手術をはじめとして、レーザー治療やコンタクトレンズ処方などの眼科全般の診療を行ってくれます。

おすすめポイント

日帰り白内障手術後の過ごし方

手術が終わって視力が回復しても、眼の状態が安定した訳ではないので、その後の加療も大事です、内服された薬や定期的診療を欠かさないようにしましょう。入浴は医師の許可が出るまで控え、術後1週間は激しい運動も控え、徐々に通常の生活の戻すようにしましょう。家事では力仕事を避け、オフィスワークなら術後3日後から可能です。タバコは回復を少し遅らせることがあるので、本数を控え、飲酒は医師の許可が出るまで止めてください。

岐阜赤十字病院での経験が豊富

院長は今でも休診日の水曜日に、岐阜赤十字病院で診察・手術を行っています。岐阜赤十字病院は岐阜県内で眼科手術件数が最も多い病院として、白内障手術をはじめとして、あらゆる疾患に最新の治療を提供しています。

中京グループで安心の病診連携

中京グループは、中京病院眼科を中心に、30施設以上の眼科医療機関で構成されています。入院が必要な場合や特殊な治療が必要な場合は中京病院へ、それ以外の診療にはグループ医院が窓口になって最新の高レベルの治療が受けられます。

Google maps

公式ホームページはこちら

尾関眼科クリニック|愛知県大府市

基本情報

253号線「梶田町六」交差点東、至学館大学すぐ目の前。大府市横根町の「尾関眼科クリニック」は、豊富な経験と高い技術を持つスタッフが、最新の医療技術を駆使して白内障手術や硝子体手術を行って、皆さんの大切な眼の健康をサポートしてくれます。

おすすめポイント

日帰り白内障手術の流れ

点眼麻酔なので痛みはなく、局部麻酔ですから意識はあり、医師の声も聞こえ、会話もできます。手術自体は痛みもほとんどなく、角膜に数㎜の切開創を作って水晶体の前嚢を切開します。超音波で水晶体乳化吸引を行い、小さく折り畳んだ眼内レンズを挿入します。レンズの位置が固定されたら手術完了です。10~15分程安静にして、スタッフからの術後生活の注意事項を聴いた後、帰宅が可能になります。翌日の診療までは眼帯の装着を勧めています。

手術後の眼鏡の選定

手術で挿入される眼内レンズは、水晶体と異なりピントに合わせて厚さが変わるものではありません。そのため、眼内レンズによって、遠近のどちらかが見づらくなります。手術後すぐには、まだ見え方が安定していないので、1、2ケ月後に視力検査を行って、自身の見え方に合った眼鏡を選ぶ必要があります。

白内障手術にかかる費用

日帰り手術の場合、1割負担の高齢者(70~74歳)、後期高齢者(75歳~)の方で、片目¥17,000、両目¥34,000。3割負担の方(~69歳)で、片目¥51,000、両目¥102,000。※入院して手術を受ける方には、食事代と入院基本料のみが追加され、部屋代はかかりません。

Google maps

公式ホームページはこちら

 

いかがでしたか?今回は愛知県内の尾張旭市、刈谷市、岡崎市、江南市、そして大府市のおすすめ眼科医院をご紹介しました。是非安心して任せられる医院を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 神戸の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい4歯科医院!

  2. 福井の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!

  3. 新潟の白内障手術おすすめ眼科医院

  4. 【2020年】市川市の痛みの少ない胃・大腸カメラ内視鏡検査おすすめ医院5選!

  5. 【2020年】広島の痛みが少ない胃カメラ検査おすすめ医院5選!

  6. 姫路の根管治療を専門とする歯医者さん!おすすめしたい5歯科医院!